Santa Lab's Blog


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その12)

法皇この歌を御覧じて御泪御衣ぎよいうるほしければ、左遷の罪をまうし宥めさせ給はんとて、御参内ありけれども、帝つひに出御なかりければ、法皇御いきどほりを含んで空しく還御くわんぎよ成りにけり。その後流刑定まりて、菅丞相忽ちに太宰府へ被流させ給ふ。御子二十三人にじふさんにんうちに、四人は男子にてをわせしかば、皆引き分けて四方しはうの国々へ奉流。第一の姫君一人をば都に留めまゐらせ、残る君達きんたち十八人は、泣く泣く都を立ち離れ、心尽くしに赴かせ給ふ御有様こそ悲しけれ。




法皇(亭子院。第五十九代宇多天皇)はこの歌を見られて涙で御衣を濡されて、左遷の罪を申し宥められようと、参内されましたが、帝(第六十代醍醐天皇)は遂に出御されませんでした、法皇は憤りを含んで空しく還御されました。その後流刑に定まって、菅丞相(菅原道真)はたちまち太宰府に配流となりました。子二十三人のうち、四人は男子でしたので、皆引き分けて四方の国々に流されました(男子は大勢いたらしい)。第一の姫君(宇多天皇女御、菅原衍子えんし?)一人を都に留めて、残る君達十八人は、泣く泣く都を離れ、心尽くし([物思いに 心をすり減らすこと。悲しみ悩むこと])に赴く姿は悲しいものでした。



[PR]
# by santalab | 2017-03-28 07:20 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その11)

ひかるきやう定国さだくにの卿・菅根すがねの朝臣などに内々相計あいはかつて、召陰陽頭、王城の八方に埋人形祭冥衆、菅丞相を呪咀じゆそし給ひけれども、天道てんだうわたくしなければ、御身に災難不来。さらば構讒沈罪科思して、本院ほんゐん大臣おとど時々よりより菅丞相天下の世務に有私、不知民愁、以非為理由被申ければ、帝さては乱世害民逆臣にして、諌非禁邪忠臣に非ずと被思し召しけるこそ浅ましけれ。「誰知、偽言巧似簧。勧君掩鼻君莫掩。使君夫婦為参商。請君捕峰君莫捕。使君母子成豺狼」。さしも可眤夫婦・父子の中をだにとほざくるは讒者ざんしやいつはりなり。いはんや於君臣間乎。つひ昌泰しやうたい四年正月二十日菅丞相被遷太宰権帥、筑紫へ被流給ふべきに定まりにければ、不堪左遷御悲、一首の歌に千般せんばんの恨みを述べて亭子院ていじゐんへ奉り給ふ。


流れ行く 我はみくづと なりぬとも 君しがらみと 成りてとどめよ




光卿(源光)・定国卿(藤原定国)・菅根朝臣(藤原菅根)などに内々相計って、陰陽頭を召し、王城の八方に人形を埋め冥衆([人の目に見えない、鬼神や閻魔王のような諸神])を祭り、菅丞相(菅原道真)を呪咀しましたが、天道に私なければ([天道に私なし]=[天道は正直])、身に災難は起こりませんでした。ならば讒を構え罪科に沈めようと思い、本院大臣(藤原時平ときひら)は折に付けて菅丞相は天下の世務に私心を挟み、民の愁いを知らず、道理に外れた行いをしていると申したので、帝(第六十代醍醐天皇)はさては世を乱し民に害をなす逆臣にして、非を諌め邪を禁じる忠臣でないと思われたのは残念なことでした。「誰が知るであろう、言葉巧みに偽り申すことを。(たとえ西施=中国古代四大美女の一人。のような絶世の美女が、汚物を頭からひっかけられて)鼻を覆うことを勧められても鼻を覆うことなかれ、夫婦は参商([肉親や親しい者同士が会えない 。仲が悪い])となろう。蜂を捕らえよと請えども捕えることなかれ、母子は豺狼([残酷で欲深い人])となるであろう」(白居易らしい)。仲睦まじい夫婦・父子の仲でさえ疎遠にするのは讒者の嘘です。申すまでもなく君臣の関係においては。遂に昌泰四年(901)正月二十日菅丞相を太宰権帥になし、筑紫へ流すと決まったので、不堪左遷の悲しみに堪えず、一首の歌に千般の恨みを述べて亭子院(亭子院。第五十九代宇多法皇)に奉りました。


たとえわたしが流れ行く水屑となるのなら、君(宇多法皇)が柵となられて止めてほしい。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-27 07:10 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その10)

同じき年十月に、延喜えんぎの帝即御位給ひし後は、万機のまつりごと然しながら自幕府上相出でしかば、摂禄せつろくの臣も清花せいぐわの家も無可比肩人。昌泰しやうたい二年の二月に、大臣の大将だいしやうに成らせ給ふ。この時本院ほんゐん大臣おとどまうすは、大織冠たいしよくくわん九代のそん昭宣公せうせんこう第一のなん皇后くわうごうの御せうと、村上天皇てんわうの御伯父をぢなり。摂家と云ひ高貴かうきと云ひ、旁々かたがた我に等しき人非じと思ひ給ひけるに、官位・禄賞ろくしやうともに菅丞相くわんしようじやうに被越給ひければ、御いきどほり更に無休時。




同じ年(寛平九年(897))の十月に、延喜帝(第六十代醍醐天皇)が位に即かれた後は、万機の政は(菅原道真が)幕府([近衛大将])上相(亜相?大納言)となって、摂籙([摂政・関白。また、その家柄])の臣も清華家([公家の家格の一。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する])の家も肩を並べる人はいませんでした。昌泰二年(899)の二月に、大臣の大将(右大臣、右大将)になりました。この時本院大臣(藤原時平ときひら)と申すは、大織冠(藤原鎌足)の九代孫(藤原鎌足・不比等ふひと房前ふささき真楯またて内麻呂うちまろ冬嗣ふゆつぐ長良ながら基経もとつね・時平)、昭宣公(藤原基経)の長男で、皇后(醍醐天皇中宮、藤原穏子やすこ)の兄(同母兄)、村上天皇(第六十二代天皇)の伯父(村上天皇は、藤原穏子の子)でした。摂家といい高貴といい、いずれも我に等しい人はいないと思っていましたが、官位・禄賞ともに菅丞相(菅原道真)に越えられて、その憤りは休む時はありませんでした。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-26 08:32 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その9)

同じき年の三月二十六日に、延喜えんぎの帝未だ東宮にて御坐ありけるが、菅少将くわんせうしやうを被召て「漢朝かんてう李嶠りけうは一夜に百首の詩を作りけると見えたり。なんぢ盍如其才。一時に作十首詩可備天覧」被仰下ければ、すなはじふの題を賜はりて、半時許りに十首の詩をぞ作らせ給ひける。

送春不用動舟車
唯別残鴬与落花
若使韶光知我意
今宵旅宿在詩家

と云ふ暮春ぼしゆんの詩もその十首の絶句の内なるべし。才賢の誉れ・仁義の道、一つとして無所欠、君は帰三皇五帝徳、世は均周公・孔子治只在此人、君無限しやうじ思し召しければ、寛平くわんへい九年六月に中納言より大納言に上がり、やがて大将だいしやうに成り給ふ。




同じ年(貞観十二年(870))の三月二十六日に、延喜帝(第六十代醍醐天皇)はまだ東宮でしたが、菅少将(菅原道真)を召されて、「漢朝の李嶠(初唐の詩人)は一夜に百首の詩を作ったという。お主もたいそう才能があると聞いておる。一時に十首の詩を作り天覧([天皇が観賞すること])に備えよ」と命じられたので、たちまち十の題を賜わると、半時許りに十首の詩を作りました。

舟車に乗っているわけでもないのに春は過ぎて行く。
残鶯([春が過ぎてもまだ鳴いているうぐいす])と落花に別れを告げて。
韶光せうくわう([うららかな春の光])よもしわたしの気持ちが分かるならば、
今宵は詩家([詩人])の許に旅泊してはくれまいか。

という晩春の詩もその十首の絶句([漢詩における近体詩の代表的な詩型の一。四句から成る])の一つです。才賢の誉れ・仁義の道、一つとして欠くところなく、君は三皇五帝([古代中国の神話伝説時代の八人の帝王])の徳に帰し、世は菅原道真により均周公(周公旦。周の政治家)・孔子の治世に等しいものでした。君(第五十九代宇多天皇)は限りなく褒めたたえ、寛平九年(897)六月に中納言より大納言に上がり、やがて大将(右大将)になりました。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-25 09:32 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その8)

それより後、詩は捲盛唐波瀾先七歩才、文は漱漢魏芳潤、諳万巻書給ひしかば、貞観ちやうぐわん十二年三月二十三日にじふさんにち対策及第してみづか詞場しぢやうに折桂給ふ。その年の春都良香とりやうきやうの家に人集まつて弓を射ける所へ菅少将くわんせうしやうをはしたり。都良香、この公は無何と、学窓がくさうに聚蛍、稽古に無隙人なれば、弓の本末もとうらをも知り給はじ、的を射させ奉りわらはばやと思して、的矢に弓を取りへて閣菅少将の御まへに、「春の始めにて候ふに、一度ひとこぶし遊ばし候へ」とぞ被請ける。菅少将くわんせうしやうさしも辞退し給はず、つがひの逢ひ手に立ち合ひて、如雪はだを押しはだぬき、打ち上げて引き下ろすより、しばらしをりて堅めたるすがた、切つて放したる矢色・弦音つるおと弓倒ゆんだふし、五善いづれもたくましくいきほひあつて、矢所やつぼ一寸も退かず、五度のつづをし給ひければ、都良香感に堪へ兼ねて、みづから下りて御手を引き、酒宴及数刻、様々の引出物をぞ被進ける。




その後は、詩は盛唐([唐代を四分した第二期。唐詩の最盛期])にも勝り七歩の才([文才に恵まれていること]。曹操の子、曹植のこと)を凌ぎ、文は漢魏の芳潤([香り高くうるおいのあること。 また、その様])をくちすすぎ([すぐれた詩文を味わい学ぶ])、万巻の書を諳んじて、貞観十二年(870)三月二十三日には対策([ 律令制の官吏登用試験の一。文章博士が問題を出して文章得業生に答えさせるもの])に及第して詞場([詩文などを作る所。また、詩人・文人の社会 ])に折桂([日本の律令制で、官吏登用試験の策試に合格すること])しました。その年の春都良香よしか(菅原道真の師で平安時代の漢詩歌人)の家に人が集まって弓を射るところに菅少将(菅原道真)がやって来ました。都良香は、この公はきっと、学窓に蛍を集め、稽古([学問])ばかりしておるから、弓の本末([弓の下=本。と上=末])も知らぬであろう。的を射させて笑ってやろうと思い、的矢に弓を取り添え菅少将の御前に置いて、「春の初めです、一つ遊ばれよ」と勧めました。菅少将はわずかも辞退せず、相手に立ち合い、雪のような膚を押肌脱いで、打ち上げて引き下ろすより、しばらく弓を引き絞り固める姿、切って離す矢色([放たれて、飛んでいく矢の勢い])・弦音・弓倒し([矢所を見ながら両手を腰の位置に戻す時、弓を前面に倒す動作])、五善([弓を射る時の五つのよい形])はいずれもたくましく勢いがあって、矢壺を一寸も外さず、五度の十([弓の勝負は一度に二矢ずつ五度で決するところから、射た矢がすべて的に当たること])でした。都良香は感に堪えかねて、自ら下りて手を引き、酒宴は数刻に及び、様々の引出物を贈りました。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-24 08:11 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その7)

そもそもかの天満大神とまうすは、風月の本主、文道ぶんだうの大祖たり。天におはしましては日月じつげつに顕光照国土、地に降下あまくだつては塩梅えんばいの臣と成つて群生ぐんしやうを利し給ふ。その始めを申せば、菅原すがはらの宰相是善ぜぜんきやうの南庭に、五六歳許りなる小児せうにの容顔美麗なるが、詠前栽花ただ一人立ち給へり。菅相公くわんしやうこう怪しと見給ひて、「君はいづれの処の人、が家のなんにておはしますぞ」と問い給ふに、「我は無父無母、願はくは相公しやうこうを親とせんと思ひはんべるなり」と被仰ければ、相公嬉しく思し召して、手づから奉舁懐、鴛鴦ゑんあうふすまの下に、恩愛の養育を為事生はごくみ奉り、御名をばくわん少将とぞまうしける。未だ習はずして悟道、御才学さいかく世にまたたぐひも非じと見え給ひしかば、十一歳に成らせ給ひし時父菅相公くわんしやうこう御髪を掻き撫でて、「もし詩や作り給ふべき」と問ひまゐらせ給ひければ、少しも案じたる御気色もなうて、

月耀如晴雪
梅花似照星
可憐金鏡転
庭上玉芳馨

寒夜かんやの即事を、言葉明らかに五言ごごんの絶句にぞ作らせ給ひける。




そもそもかの天満大神と申すは、風月([自然と交わり、詩歌を作ること])の本主、文道の大祖です。天にあられては日月に光を顕わし国土を照らし、地に下っては塩梅([君主を助けて、政務をよく処理すること])の臣となって群生に利益を与えました。事の起こりは、菅原宰相是善卿(菅原是善これよし)の南庭に、五六歳ばかりの容顔美麗な小児が、前栽([草木を植え込んだ庭])花を詠んでただ一人立っていました。菅相公(是善)は不思議に思って、「君はどこの人か、誰の家の男子か」と訊ねると、「わたしには父も母もおりません、願わくは相公を親としたいのです」と申したので、相公はうれしく思って、自ら手で舁き懐き、鴛鴦の衾([男女が共寝する寝床])の下に、恩愛の養育をなして、菅少将と呼びました。習わずして道を悟り、才学は世に並ぶ者なしと思えたので、十一歳になった時父の菅相公は髪を掻き撫でて、「詩は作れるか」と訊ねると、少しも案じる気色もなく、

月の輝きは晴れた日の雪のように明るく、
梅の花は光る星のようです。
金鏡が天に上り、
庭上に玉房([先が玉のようになった房])をちりばめたようです。

と寒夜の風景を、明確五言絶句([漢詩の詩体の一。起・承・転・結の四句からなり、一句が五字のもの])を作りました。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-23 08:16 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その6)

ほういらか翔天虹のうつばり聳雲、さしもいみじく被造双たりし大内裏、天災を消すに無便、回禄くわいろく度々に及んで、今は昔のいしずゑのみ残れり。尋回禄由、かの唐尭たうげう虞舜ぐじゆんの君は支那四百州のあるじとして、その徳天地に応ぜしかども、「茆茨不剪、柴椽不削」とこそまうし伝へたれ。いはんや粟散国ぞくさんこくの主として、この大内このだいだいを被造たる事、その徳不可相応。後王こうわうもし無徳にして欲令居安給はば、国の財力もこれによつて可尽と、高野大師かうやだいし鑒之、門々の額を書かせ給ひけるに、大極殿だいごくでんの大の字の中を引き切つて、くわと云ふ字に成し、朱雀門しゆじやくもんの朱の字をべいと云ふ字にぞ遊ばしける。小野の道風たうふう見之、大極殿は火極殿くわこくでん、朱雀門は米雀門べいじやくもんとぞ難じたりける。大権たいごん聖者しやうじや鑒未来書き給へる事を、凡俗として難じまうしたりける罰ばつにや、その後より道風執筆、手ふるひて文字正しからざれども、草書さうしよに得妙人なれば、戦うて書きけるも、やがて筆勢にぞ成りにける。遂に大極殿より火出でて、諸司八省しよしはつしやう悉く焼けにけり。無程また造営ざうえいありしを、北野天神の御眷属けんぞく火雷気毒神くわらいきどくじん清涼殿せいりやうでんひつじさるの柱に落ち掛かり給ひし時焼けけるとぞうけたまはる。




鳳の甍は天を翔け虹の梁は雲に従う、さしも厳しく造り並べた大内裏も、天災を消ことはできず、回禄([火災])は度々に及んで、今は昔の礎が残るばかりでした。どうして回禄が起こったかというと、かの尭([中国神話に登場する君主])・舜([中国神話に登場する君主])の君は支那四百州の主として、その徳は天地に叶うものでしたが「茆茨([かやぶきの屋根])を切らず、柴の椽([屋根板を支えるために棟木から軒桁に架け渡す長い材])を削らず」と伝えられています(『鼓腹撃壌』)。申すまでもなく粟散国([粟粒を散らしたような小国。日本])の主として、この大内裏を造ることは、その徳に相応したものではありませんでした。後王に徳なくして大内裏に安住すれば、国の財力も尽きるであろうと、高野大師(空海)はこれを戒めて、門々の額を書く時、大極殿の大の字の中を引き切って、火という字に成し、朱雀門の朱の字を米と書きました。小野道風(平安時代の貴族・能書家)はこれを見て、大極殿は火極殿、朱雀門は米雀門だと非難しました。大権の聖者が未来を戒めて書いたのを、凡俗として非難した罰か、その後より道風が執筆しようとすると、手が震えて文字を正しく書けなくなりましたが、草書が得意な人でしたので、敢えて書いたものが、やがて筆勢([筆力])になりました。遂に大極殿より火が出て、諸司八省は残らず焼けました。ほどなまた造営がありましたが、北野天神の眷属([一族])火雷気毒神が、清涼殿の坤([南西])の柱に落ち掛かった時に焼けたと聞いております。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-22 07:25 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その5)

鬼の間・直盧ちよくろ・鈴のつな荒海あらうみ障子しやうじをば、清涼殿せいりやうでんに被立、賢聖げんじやうの障子をば、紫宸殿ししんでんにぞ被立ける。東の一の間には、馬周ばしう房玄齢ばうげんれい杜如晦とじよくわい魏徴ぎちよう、二の間には、諸葛亮しよかつりやう遽伯玉きよはくぎよく張子房ちやうしばう第伍倫ていごりん、三の間には、管仲・鄧禹とうう子産しさん蕭何せうか、四の間には、伊尹いゐん傅説ふえつ太公望たいこうばう仲山甫ちゆうざんほ、西の一の間には、李勣りせき虞世南ぐせいなん杜預どよ張華ちやうくわ、二の間には、羊祜やうこ・揚雄・陳寔ちんしよく班固はんこ、三の間には、桓栄くわんえい鄭玄ていげん蘇武そぶ倪寛げいくわん、四の間には、董仲舒とうちゆうじよ・文翁・賈誼かぎ叔孫通しくそんとうなり。画図ぐわと金岡かなをかが筆、賛のことば小野道風をののたうふうが書きたりけるとぞうけたまはる。




鬼の間([清涼殿内の西南の一室。殿上の間との境の壁に、白沢王はくたくわう=古代インド波羅奈国はらなこくの王。が鬼を斬る絵が描いてあるのでいう])・直盧([宮中内の、摂政・関白・大臣・大納言などが休憩や宿直する部屋])・鈴の綱([清涼殿の殿上 の間から校書殿 に張り渡した鈴付きの綱。蔵人 が小舎人 を呼ぶためのもの])。荒海障子([内裏清涼殿の一画にある障子=襖])を、清涼殿に立て、賢聖障子([内裏紫宸殿の母屋と北廂とのさかいに立てられている押障子=間仕切])を、紫宸殿に立ててありました。東の一の間には、馬周(唐代の政治家)・房玄齢(唐代の政治家・歴史家)・杜如晦(唐代の政治家)・魏徴(唐の政治家)、二の間には、諸葛亮(後漢末期から三国時代の蜀漢の政治家・軍師。字は 孔明)・遽伯玉(春秋時代の衛の人らしい)・張子房(秦末期から前漢初期の政治家・ 軍師)・第伍倫(後漢の臣らしい)、三の間には、管仲(春秋時代の斉の政治家)・鄧禹(後漢の武将)・子産(春秋時代の鄭に仕えた政治家)・蕭何(秦末から前漢初期にかけての政治家。劉邦の天下統一を輔けた)、四の間には、伊尹(夏末期から殷=商)初期にかけての政治家)・傅説(殷の武丁=高宗。の宰相と伝えられる伝説的な人物)・太公望(周の軍師、後に斉の始祖)・仲山甫(周代の政治家)、西の一の間には、李勣(唐代の軍人)・虞世南(唐代の書家、政治家)・杜預(三国時代から西晋時代の政治家・武将・学者)・張華(三国時代から西晋の政治家)、二の間には、羊祜(三国時代から西晋にかけての武将)・揚雄(前漢末期の文人、学者)・陳寔(後漢の人)・班固(後漢初期の歴史家、文学者。『漢書』の編纂者)、三の間には、桓栄(後漢の官僚)・鄭玄(後漢末期の学者)・蘇武(前漢の人)・倪寛(前漢の人)、四の間には、董仲舒(前漢時代の儒学者、 『春秋』学者)・文翁(前漢の人。『春秋』に通じた)・賈誼(前漢時代の政治思想家・文章家)・叔孫通(秦末から前漢初めにかけての儒者)でした。画図は金岡(巨勢こせ金岡。平安前期の画家)の筆、賛詞は小野道風(平安時代の貴族・能書家。小野たかむらの孫)が書いたと聞いております。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-21 08:15 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その4)

中和院ちゆうくわゐんは中のゐん内教坊ないけうばう雅楽所ががくじよなり。御修法みしほ真言院しんごんゐん神今食じんごんじき神嘉殿しんかでん、真弓・競べ馬をば、武徳殿ぶとくでんにして被御覧。朝堂院てうだうゐんまうすは八省の諸寮これなり。右近の陣の橘は昔を忍ぶ香を留め、御階みはしに滋る竹の台幾世の霜を重ぬらん。在原の中将ちゆうじやうの弓・胡簶やなぐひを身に添へて、雷鳴かんなり騒ぐ終夜よもすがらあばらなる屋に居たりしは、くわんちやう八神殿やつじんどの、光源氏の大将だいしやうの、く物もなしと詠じつつ、朧月夜にあこがれしは弘徽殿こうきでん細殿ほそどの相公しやうこういにしへこしぢの国へ下りしに、旅の別れを悲しみて、「後会期こうくわいご遥かなり。濡纓於鴻臚之暁涙」と、長篇ちやうへんの序に書きたりしは、羅城門らしやうもんの南なる鴻臚館こうろくわんの名残りなり。




中和院([内裏の南西隅、朝堂院の北に位置し、天皇が新嘗祭、神今食 かんいまけ)月次つきなみの祭の夜に行われた宮中の神事。神嘉殿に天皇が天照大神を祀り、火を改めて新たに炊いた飯を供え、天皇みずからも食する。などの祭式を行なったところ])は中院、内教坊([宮中で舞姫をおいて女楽・踏歌 などを教え練習させた所])は雅楽所です。御修法は真言院([中和院の西にあった密教の修法道場])、神今食は神嘉殿([中和院の正殿])、馬弓・競べ馬は、武徳殿(大内裏の西方に位置したらしい)でご覧になられました。朝堂院と申すのは八省の諸寮のことです。右近の陣の橘は昔を忍ぶ香を留め、御階([紫宸殿の南階段])に茂る竹台は幾世の霜を重ねたか。在原中将(在原業平)が弓・胡簶([矢を差し入れて背に負う武具])を身に負うて、雷鳴騒ぐ夜もすがらあばらなる屋に居たというのは、官庁の八神殿([天皇守護の八神を祀る神殿])、光源氏大将が、しくものもなし(『照りもせず 曇りもはてぬ 春の夜の 朧月夜に しくものぞなき』=[晴れるでもなく曇るでもなく、 春の夜の朧月夜に比べるものなどない]。大江千里)と詠じつつ、朧月夜(『源氏物語』の架空の登場人物)に憧れたのは弘徽殿([平安御所の後宮の七殿五舎のうちの一])の細殿([殿舎のひさしの間 で、細長いもの 。仕切りをして、女房などの居室として使用した])、江相公(大江朝綱あさつな。平安時代中期の公卿、学者、書家。後江相公)がその昔(越前介として)越前国へ下った時、旅の別れを悲しんで、「後会([再会])の時は遥かに遠く、鴻臚館([平安時代に設置された外交および海外交易の施設])でのはなむけの宴の暁にえい([冠の付属具で、背後の中央に垂らす部分])を涙で濡らしています」と、長篇(『本朝文粹』)の序に書いたのは、羅城門の南にあった鴻臚館の名残りです(大江朝綱の時代には、鴻臚館は羅城門の北にあったらしい)。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-20 09:42 | 太平記 | Comments(0)


「太平記」大内裏造営の事付聖廟の御事(その3)

貞観殿ちやうぐわんでんまうすは、后町の北の御匣殿みくしげどのなり。校書殿かうしよでんと号せしは、清涼殿の南の弓場殿ゆばどのなり。昭陽舎せうやうしやは梨壺、淑景舎しげいしやは桐壺、飛香舎ひきやうしや藤壺ふぢつぼ凝花舎ぎようくわしや梅坪むめつぼ襲芳舎しふはうしやと申すは雷鳴かんなりの坪の事なり。萩の戸・ぢんの座・滝口の戸・鳥の曹司さうし縫殿ぬひどの兵衛ひやうゑの陣、左は宣陽門せんやうもん、右陰明門いんめいもん日花じつくわ月花げつくわの両門は、対陣座左右。大極殿たいごくでん小安殿こあどの蒼龍楼さうりようろう白虎楼びやくころう豊楽院ぶらくゐん清署堂せいしよだう五節ごせつ宴水えんすゐ大嘗会だいじやうゑはこの所にて被行。




貞観殿([天皇の装束等を裁縫する場所。常寧殿の北に位置した])と申すは、后町の北の御匣殿のことです。校書殿というのは、清涼殿の南の弓場殿のことです(文書の管理が行われていたので文殿も呼ばれた。また、調度品などを納めて置く場でもあったので納殿とも呼ばれた。さらに弓の練習をする射場を観覧する場所でもあったことから弓場殿とも呼ばれた)。昭陽舎は梨壺(女御などが居住した。庭に梨が植えられていたところから、梨壺ともいう)、淑景舎は桐壺(庭に桐が植えてあることから)、飛香舎は藤壺(庭に藤が植えられていたことから)、凝花舎は梅壺(庭に紅白の梅が植えてあったところから)、襲芳舎と申すは雷鳴の壺のことです(庭に霹靂の木=落雷を受けた木をそのまま放置したもの。があったとも、または雷鳴の時に天皇が避難して滝口武者に鳴弦させたともいわれる)。萩戸([清涼殿の一室の名]。障子に萩が描いてあったところから、または 前庭に萩の植え込みがあったところからという)・陣座([内裏の左右近衛陣にあり、公卿が政務を評議するために着席した場所。本来は近衛の詰所で あったが、のちに公卿が会議などを行う場所となった])・滝口の戸(清涼殿の北にあった。滝口=清涼殿の北東にある御溝水みかはみづの落ち口)・鳥曹司([宮中で飼っている鷹をつないでおく所。承明門外の東の角にあった])・縫殿([縫殿寮]=[中務省に属し、天皇および賞賜の衣服を裁縫し、また、女官の考課を司った役所。内裏の北、内蔵寮の東にあった])。兵衛の陣([兵衛が宿衛して諸門の警備にあたった所])は、左兵衛は宣陽門、右兵衛は陰明門を陣としました。日花・月花の両門は、陣座の左右にありました。大極殿([正殿])・小安殿([大極殿の北にあって、天皇が政務を執る殿舎])・蒼龍楼([朝堂院の四楼の一。大極殿の東南にあった])・白虎楼([朝堂院四楼の一。大極殿の西南にあった])。豊楽院([朝堂院の西の宮殿。朝廷の饗宴に用いられた施設])・清署堂([豊楽院内の殿舎])は、五節([大嘗祭・新嘗祭に行われた五節の舞を中心とする宮中行事])の宴水、大嘗会([天皇の即位後、天皇自らが初めて新穀を神々に供える祭事。 天皇一代に一度だけ行われる])はここで行われました。


続く


[PR]
# by santalab | 2017-03-19 08:45 | 太平記 | Comments(0)

    

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧