Santa Lab's Blog


「平家物語」弓流(その4)

うつ伏し、鞭を以つて掻き寄せ、取らん取らんとし給へば、御方のつはものども、「ただ捨てさせ給へ捨てさせ給へ」とまうしけれども、つひに取つて、笑うてぞかへられける。大人どもは、皆爪弾きをして、「たとひ千びき万疋に、代へさせ給ふべき御だらしなりと申すとも、いかでか御命には、代へさせ給ふべきか」と申しければ、判官、「弓のしさにも、取らばこそ。義経が弓と言はば、二人ににんしても張り、もしは三人しても張り、叔父をぢ為朝ためともなどが弓のやうならば、わざとも落といて取らすべし。わうじやくたる弓を、かたきの取り持つて、これこそ源氏の大将軍たいしやうぐん、九郎義経が弓よなど、嘲弄てうろうぜられんが口しさに、命に代へて取つたるぞかし」とのたまへば、皆またこれをぞ感じける。




判官(源義経)は馬に腹ばいになり、鞭で弓を掻き寄せて、弓を取ろうとしました、味方の兵たちは「弓など捨て置きなさいませ」と言いましたが、判官は遂に弓を拾い上げて、笑って陣に戻りました。大人([一人前の男])たちは、皆爪弾き([嫌悪・軽蔑・非難などの気持ちを表すしぐさ])をして、判官に「たとえ千疋(疋は銭を数える単位。一疋=十文)万疋に、代わるような弓([とらしの変化。貴人の持つ弓])と申すとも、命に代わるものではございません」と申すと、判官(源義経)は、「弓が惜しくて、取ったのではない。もしわたし義経の弓が、二人して張り、もしくは三人で張り、叔父である為朝(源為朝。源為義の八男で弓の名手)の弓のようであったなら、わざと落として敵に取らせたであろう。このように弱々しい弓を、敵が取って、これが源氏の大将軍、九郎義経の弓だとと、嘲弄([あざけり、からかうこと])されるのがいやで、命に代えて取ったのだ」と申すと、皆感心したのでした。


続く


[PR]
by santalab | 2013-11-05 07:22 | 平家物語 | Comments(0)

<< 「承久記」義時追討御評定の事(...      「平家物語」競(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧