Santa Lab's Blog


「平家物語」小宰相身投(その9)

車に置くべきやうもなし。大路おほぢに捨てんもさすがにて、はかまの腰に挟みつつ、御所へぞまゐり給ひける。さて宮づかへ給ひしほどに、
所しもこそおほけれ、御前に文を落とされたり。女院にようゐんこれを取らせおはしまし、急ぎ御衣ぎよいたもとに引き隠させ給ひて、「めづらしき物をこそ求めたれ。このぬしたれなるらん」とおほせければ、御所ぢう女房にようばうたち、よろづ神仏かみほとけにかけて、「知らず」とのみぞまうしける。その中に小宰相こざいしやう殿ばかりかほうち赤めて、つやつや物も申されず。女院も、内々通盛みちもりきやうの申すとは知ろし召されたりければ、さてこの文を開けて御覧ずれば、妓炉きろけぶりにほひことに深きに、筆のたてども世の常ならず。「あまりに人の心づよきも、今はなかなかうれしくて」など、細々と書いて、奥には一首いつしゆの歌ぞありける。

わが恋は 細谷川の 丸木橋 踏み返されて 濡るる袖かな




車に置いておくこともできません。大路に捨てるのもさすがにできずに、結局袴の腰に文を挟み込んで、御所へ参りました。そして宮仕えをしておりましたが、内裏は広い所ですけれども、なんとも建礼門院の御前に文を落としてしまいました。建礼門院はこの文を拾うと、急いで着物の袂に引き寄せてから、「めずらしい物を見つけましたよ。この文の持ち主は誰ですか」とおっしゃいましたが、内裏中の女房たちは、すべての神仏に誓って、「知りません」と答えました。その中で小宰相だけが顔を赤らめて、まったく答えませんでした。建礼門院も、内々通盛(平通盛。清盛の異母弟教盛のりもりの長男)が小宰相に言い寄っていたことを知っていたので、この文を開いて見てみると、妓炉(芸妓が焚く炉らしい。さぞや香りが強そうです)の煙の匂いが強くて、筆の運びも変わっていました。「あなたはあまりにもつれないけれど、今はまだにくめないでいます」など、こまごまと書かれていて、奥付には一首の歌がありました。

あなたに恋するわたしは、細谷川の丸木まろき橋のようなものです。あなたに何度も踏み返されて(わたしの文をそのまま返されて)、落とされては袖を濡らすのですから。


続く


[PR]
by santalab | 2013-11-18 21:08 | 平家物語 | Comments(0)

<< 「平家物語」小宰相身投(その10)      「平家物語」小宰相身投(その8) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧