Santa Lab's Blog


「竹取物語」(その1)

今は昔、竹取のおきなと云ふ者ありけり。野山に交りて竹を取りつつ、よろづの事に使ひけり。名をばさるきのみやつことなむ云ひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありけり。怪しがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いと美しうて居たり。翁云ふやう、「我朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて知りぬ。子になり給ふべき人なめり」とて、手にうち入れて、家へ持ちてぬ。の女にあづけて養はす。美しき事限りなし。いと幼ければ、に入れて養ふ。


竹取の翁、竹を取るに、この子を見付けて後に竹取るに、節を隔てて、ごとに、黄金ある竹を見付くること重なりぬ。かくて、翁やうやう豊かになりゆく。




今ではもう昔のこと、竹取のおじいさんと呼ばれる者がおりました。野山に入って竹を取っては、種々の物を作ることを生業としていました。名を讃岐の造といいました。ある日、その竹の中にあたりが光っている竹が一本ありました。不思議に思って近くに寄って見てみると、筒の中が光っていたのです。その竹を切って中をのぞいて見ると、三寸くらいのとても小さくてかわいい人がちょこんとすわっていました。おじいさんは、「毎朝毎夕見とる竹の中に人が居ったとは。こりゃあ、おったまげた。こりゃわしの子にせよと神様が授けてくれたに違いない」といって、子どもを手の中に入れて、家へ持ち帰りました。妻であるおばあさん([妻の嫗])に預けて世話をさせました。そのかわいらしさといったら限りありません。とても小さいので、籠に入れて育てました。


竹取のおじいさんが竹と取りに出かけると、この子を見つけた後に竹を取りに出かけた時のことですが、竹の節ごとに、黄金が入った竹を見付けることがたびたびありました。こうして、おじいさんはだんだん金持ちになっていきました。


続く


[PR]
by santalab | 2013-12-23 22:08 | 竹取物語 | Comments(1)
Commented by yoshy at 2014-07-31 18:50 x
ひょんな事から、このブログを発見しました。
幅広い古典の記事がいっぱいで、
楽しそうです。
ブックマークして、また来ます。

<< (それでも)明日に向かって走るのか?      「増鏡」三神山(その10) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧