Santa Lab's Blog


「義経記」如意の渡にて義経を弁慶打ち奉る事(その2)

ごんかみ申しけるは、「小賢こざかしきをとこの言ひやうかな。見知り奉りたらば、和男わをとこが計らひに渡し奉れ」と申しければ、弁慶これを聞きて、「そもそもこの中にこそ九郎判官はうぐわんよと、名を指してのたまへ」と申しければ、「あのへさき群千鳥むらちどりの摺りの衣召したるこそ怪しく思ひ奉れ」と申しければ、弁慶「あれは加賀の白山しらやまより連れたりし御坊ごばうなり。あの御坊ゆゑに所々にて人々に怪しめらるるこそ詮なけれ」と言ひけれども、返事もせで打ちうつぶきて給ひたり。弁慶腹立ちたる姿になりて、走り寄りて舟端ふなばたを踏まへて、御かひなを掴んで肩に引つ懸けて、浜へ走り上がり、いさごうへにがはと投げ棄てて、腰なるあふぎ抜き出だし、いたはしげもなく、続け打ちに散々にぞ打ちたりける。見る人目も当てられざりけり。北の方は余りの御心憂さにこゑを立てても悲しむばかりに思し召しけれども、さすが人目の繁ければ、さらぬ様にておはしけり。




平権守が申すには、「つまらんことを申すでない。顔見知りならば、お前が渡せばよいだろう」と申したので、弁慶はこれを聞いて、「この中に九郎判官(源義経)が紛れているとでも言うのか、いるなら指して申せ」と申せば、平権守は「あの舳に群千鳥の摺り衣を着た者が怪しい」と申しました、弁慶は「あれは加賀白山(現石川県白山市と岐阜県大野郡にまたがる山)より連れてきた御坊ぞ。あの御坊のせいで所々で人々に怪しまれてはかなわぬわ」と言いましたが、義経は返事もせずうつむいたままでした。弁慶は腹を立てたように、走り寄って舟端に立って、義経の腕を掴んで肩に引っさげ、浜へ走り上がると、砂の上に投げ棄てて、腰にあった扇を抜いて、手加減することなく、続け打ちに散々にぞ打ちました。見る人は目も当てられませんでした。北の方(さと御前)あまりにも痛わしげで声を上げて泣きたくなりましたが、さすがに人目が多くて、そのような素振りを見せませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2014-02-23 23:52 | 義経記 | Comments(0)

<< 「義経記」如意の渡にて義経を弁...      「義経記」如意の渡にて義経を弁... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧