Santa Lab's Blog


「水鏡」称徳天皇(その3)

この時に重ねて託宣し給はく、「道鏡だうきやう、へつらへる幣帛を様々の神たちに奉りて、世を乱らんとす。我天の日嗣の弱くなり行く事を嘆き、悪しきともがらの起こり出でんとする事を憂ふ。彼は多く我は少なし。仏の御力を仰ぎて、御門の末を助け奉らんとす。すみやかに一切経([大蔵経])を書き、仏像を造り、最勝王経さいしようわうきやう一万巻を読み奉り、一つの伽藍を建てて、この悪しき心ある輩を失ひ給へとまうすべし。この事、一言も落とすべからず」とのたまはせき。清麻呂きよまろかへまゐりてこの由を申ししかば、道鏡大きに怒りて、清麻呂が官を取り、大隅の国へ流し遣はして、よぼろすぢを断ちてき。




この時八幡大菩薩は重ねて託宣して、「道鏡は、神に取り入るために幣帛を様々の神たちに奉り、世を乱そうとしておる。我は天の日嗣([天皇])の権力が弱くなっていくことを嘆き、悪い奴らが出てくることを悲しんでおる。奴らは数多く我はただ一人ぞ。仏の力を仰ぎ、称徳天皇の行く末を助けようと思う。速やかに一切経を書き、仏像を造り、最勝王経([金光明最勝王経こんこうみようさいしようわうきやう])一万巻を読んで、一つの伽藍([大寺院])を建てて、悪心ある奴らの命を失えと申すものである。このこと、一言なりとも忘れるでないぞ」ともうしました。清麻呂(和気清麻呂)は都に帰り称徳しようとく天皇(第四十八代天皇)の御前に参ってこれを奏すと、道鏡はたいそう怒って、清麻呂の官を剥奪し、大隅国へ流して、丁([第四位])になる道を断ちました(この時、和気清麻呂は従五位下だったらしい)。


続く


[PR]
by santalab | 2014-03-19 10:21 | 水鏡 | Comments(0)

<< 「水鏡」称徳天皇(その4)      「水鏡」称徳天皇(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧