Santa Lab's Blog


「宇津保物語」俊蔭(その1)

今は、式部大輔、左大弁かけて、清原の大君ありけり、御子腹にをのこ子一人持つたり。その子、心の聡きこと限りなし。父母、「いと怪しき子なり。生ひ出でむやうを見む」とて、ふみも読ませず、言ひ教ふることもなくて生ほし立つるに、年にも合はず、丈高く、心賢し。




昔のことですが、式部大輔(式部省は今の文部科学省、大輔は次官職であるが実質の長官)、左大弁(太政官左弁官局の長官、太政官は律令制における最高行政機関)の職を兼ねる、清原の大君(長女)がおりました。清原の大君には、男の子が一人いました。その子の頭の良さといったら限りありません。父母は、「なんて不思議な子なのだ。どれほど立派な大人になることだろう」と、特に本も読ませず、話し教えることもなしに育てましたが、年に合わないほど、背も高くて、利口な子に育ちました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-04-05 08:08 | 宇津保物語 | Comments(0)

<< 「宇津保物語」俊蔭(その2)      「承久記」関東の大勢水に溺るる... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧