Santa Lab's Blog


「松浦宮物語」一(その18)

世の常ならず厳めしき船の様も、ただ押し出づるままに、果て果ては雲も霞も一つ消え行くまで、御簾を引き上げて眺め給ふ御気色の、限りなく悲しきを、大将は、我しも劣るべきならねど、いかで過ぐし給ふべき年月ならむと、あはれに見捨て難けれど、「かばかりもためしなきこと」と、便びんなく物給はせしかば、七日ありてかへり給ふ別れもまたあはれなり。大将、

しらざりし わかれにそへる わかれかな これもや世世の 契りなるらむ

宮、
いかなりし よよの別れの むくひにて 命にまさる ものおもふらむ

とても押し当て給ふを、よろづに慰めて出で給ふも、めづらかにあはれなり。




格別に荘厳な船でしたが、ただ押し出すままに、果ては雲も霞も一つとなって消えて行きました。宮(弁少将氏忠うぢただの母)は御簾を引き上げて船を最後まで眺めてながら、限りなく悲しそうな表情をしていました、大将(弁少将の父)は、我も悲しみは決して劣るものではないと思いながらも、后宮はこの地で息子の帰りを待ちながらどのように過ごすことだろうと、かわいそうで見捨てることはできませんでしたが、「そのような理由で出仕を止める訳にはいかないのだ」と、どうしようもないことだと申して、七日あって都に帰って行くのもまたあわれなことでした。大将は、

息子と別れその息子を待つ妻と別れ行くが、このような別れが待っていることを今まで知らずにいたことよ。これも前世の因果であろうか。

后宮は、
どんな前世の報いで、命にもまさる悲しみに遭わなくてはならないのでしょうか。

と顔を押し当てて泣きました、大将はあれやこれやと慰めて出でて行きましたが、方々世にないほどに悲しい別れとなりました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-18 10:31 | 松浦宮物語 | Comments(1)
Commented by SiNa at 2016-07-29 21:40 x
ただおし出づるままに の後の

はかなき木の葉ばかりに見え行く。

の部分が抜けてはいませんか・・?
間違いだったら申し訳ありませんが・・・・

<< 「松浦宮物語」一(その19)      「承久記」公卿罪科の事(その5) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧