Santa Lab's Blog


「太平記」結城入道堕地獄事(その1)

中にも結城上野入道が乗つたる舟、悪風に放されて渺渺べうべうたる海上に揺られ漂ふ事、七日七夜なぬかななよなり。すでに大海の底にしづむか、羅刹国らせつこくに堕つるかと思えしが、風少ししづまりて、これも伊勢の安野津あののつへぞ吹き着けられける。ここにてじふ余日を経へて後なほ奥州あうしうへ下らんと、渡海の順風を待ちけるところに、にはかに重病を受けて起居ききよも更に叶はず、定業ぢやうごふきはまりぬと見へければ、善知識ぜんちしきの聖枕に寄つて、「このほどまではさりともとこそ存じさふらひつるに、御いたはり日に随つて重らせ給ひ候へば、今は御臨終の日遠からじと思へて候ふ。相構あひかまへて後生善所ごしやうぜんしよの御望み怠る事なくして、称名しようみやうの声の内に、三尊の来迎らいがうを御待ち候ふべし。さても今生こんじやうには、何事をか思し召しかれ候ふ。御心に懸かる事候はばおほせ置かれ候へ。御子息の御方様へも伝へまうし候はん」と云ひければ、




中でも結城上野入道(結城宗広むねひろ。南朝方)が乗った舟は、悪風に流されて渺渺([果てしなく広いさま])たる海上に揺られ漂うこと、七日七夜でした。すでに大海の底に沈むか、羅刹国([人を食う鬼の住む国])に堕ちるかと思えましたが、風が少し静まって、この舟も伊勢の安野津(現三重県津市)に吹き着けられました。ここに十日余りを送りましたがなおも奥州に下ろうとして、渡海の順風を待つところに、結城宗広は急に重病となり起居もままならず、定業([前世から定まっている善悪の業報])の極みと思えて、善知識([人々を仏の道へ誘い導く人])の聖は枕元に寄って、「このほどまでまったく思いもしなかったことでございますが、ご病気のほど日を経るごとに重らせているようにお見受けいたします、今はご臨終の日もそう遠くはないことと思えます。一心に後生善所([来世には極楽浄土に生まれるということ])のお望み怠ることなく、称名([阿弥陀仏の御名])の声の内に唱えて、三尊([阿弥陀仏と、左右の観世音菩薩と勢至菩薩])の来迎をお待ちなさいますよう。さて今生に、思い置かれることはございますか。気になっておられることがございますれば申し置かれますよう。ご子息にも伝え申し上げましょう」と言いました、


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-20 08:09 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」結城入道堕地獄事(その2)      「承久記」公卿罪科の事(その7) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧