Santa Lab's Blog


「太平記」資朝俊基関東下向の事付御告文の事(その5)

夜痛く更けて、「誰か候ふ」と召されければ、「吉田の中納言冬房ふゆふさ候ふ」とて御前おんまへこうす。主上席を近づけておほせありけるは、「資朝すけとも俊基としもとが捕らはれし後、東風とうふうなほいまだしづかならず、中夏ちゆうか常にあやふきを踏む。この上にまたいかなる沙汰をか致さんずらんと、叡慮更に不穏。如何いかんして先づ東夷とういしづむべきはかりごとあらん」と、勅問ちよくもんありければ、冬房謹んで申まうしけるは、「資朝・俊基が白状はくじやうありともうけたまはり候はねば、武臣この上の沙汰には及ばじと存じ候へども、この頃東夷の振る舞ひ、楚忽そこつの義おほく候へば、御油断あるまじきにて候ふ。先づ告文かうぶん一紙を下されて、相摸入道にふだうが怒りを静めさふらはばや」と申されければ、主上げにもとや思し召されけん、「さらばやがて冬房書け」とおほせありければ、すなはち御前おんまへにして草案さうあんをして、これを奏覧す。君しばらく叡覧あつて、御涙の告文にはらはらとかかりけるを、御袖にて押しのごはせ給へば、御前に候ひける老臣、皆悲啼ひていを含まぬはなかりけり。




夜がすっかり更けて、後醍醐天皇が「誰かおるか」と呼ばれたので、「吉田中納言冬房(吉田冬房)がおります」と申して御前に参りました。主上(後醍醐天皇)は席を近づけて申すには、「資朝(日野資朝)・俊基(日野俊基)が捕らわれてより、東風はいまだ収まらず、中夏([都])は常に危うい。この上またどのような沙汰があるかと思えば、わたしの心は穏やかでない。どうにかして東夷([無骨で粗野な東国武士])の横暴を鎮めようと思うが何か妙案はないか」と、勅問([天子の質問])されたので、冬房(吉田冬房)は畏まって申すには、「資朝・俊基が謀反を白状したとは聞いておりません、武臣はこれ以上の沙汰には及ぶことはないと思いますが、この頃の東夷の振る舞いは、楚忽([唐突でぶしつけなこと])なところが多くありますので、油断なさらないことです。まず告文([自分の言動に虚偽のないことを、神仏に誓ったり、相手に表明したりするために書く文書])を
一枚下されて、相模入道(北条高時たかとき)の怒りを静められてはいかがでしょう」と申すと、主上(後醍醐天皇)もなるほどと思われて、「ならばすぐに冬房(吉田冬房)が書け」と命じたので、後醍醐天皇の御前で草案([下書き])して、これを奏覧しました。君(後醍醐天皇)はしばらく叡覧して、涙が告文にはらはらと零れ落ちるのを、袖で押し拭ったので、御前の老臣は、皆泣き声を上げて泣きました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-22 08:43 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」資朝俊基関東下向の事...      「太平記」資朝俊基関東下向の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧