Santa Lab's Blog


「太平記」後醍醐天皇御治世の事付武家繁昌の事(その6)

この故に朝廷は年々としどしに衰へ、武家は日々に盛んなり。これによりて代々の聖主、遠くは承久じようきう宸襟しんきんを安めんがため、近くは朝議の陵廃を歎き思し召して、東夷を亡ぼさばやと、常に叡慮を廻されしかども、あるひはいきほひ微にして叶はず、あるひは時いまだ到らずして、黙止し給ひけるところに、時政ときまさ九代くだい後胤こういんさきの相摸のかみたひら高時たかとき入道にふだう崇鑒そうかんに至つて、天地命を改むべき危機ここにあらはれたり。




こうして朝廷は年々衰え、武家は日々に権威を増しました。これにより代々の聖主([天皇])は、遠くは承久(承久の乱(1221))の宸襟([天子の心])を安めるため、近くは朝議が荒廃することを嘆いて、東夷(鎌倉幕府)を亡ぼそうと、常に叡慮([天子の考え])を廻されましたが、ある時は勢力わずかにして叶わず、あるいは時いまだ到らずして、静かにしておられました、時政(北条時政)より九代の後胤([子孫])、前相摸守平高時入道崇鑒(北条高時。鎌倉幕府第十四代執権)の代になって、入道にふだう崇鑒そうかんが天地命を覆すような危機が顕れたのでした。


[PR]
by santalab | 2014-05-22 22:34 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」後醍醐天皇御治世の事...      「太平記」後醍醐天皇御治世の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧