Santa Lab's Blog


「太平記」主上御夢の事付楠事(その1)

元弘げんこう元年八月二十七日、主上笠置かさぎへ臨幸成つて本堂を皇居くわうきよとなさる。始め一両日いちりやうにちのほどは武威に恐れて、参り仕ふる人独りもなかりけるが、叡山東坂本の合戦に、六波羅勢打ち負けぬと聞こへければ、当寺たうじの衆徒を始めて、近国のつはものどもここかしこより馳せまゐる。されどもいまだ名ある武士、手勢百騎とも二百騎とも、討たせたる大名は一人いちにんも不参。この勢ばかりにては、皇居くわうきよの警固いかんあるべからんと、主上思し召しわづらはせ給ひて、少し御まどろみありける御夢に、所は紫宸殿ししんでんの庭前と思へたる地に、おほきなる常盤木ときはぎあり。緑の陰茂りて、南へ指したる枝殊に栄へはびこれり。その下に三公百官くらゐに依つて列坐す。南へ向きたる上座しやうざ御坐ござの畳を高く敷き、いまだ坐したる人はなし。主上御夢心地に、「誰をまうけん為の座席やらん」と怪しく思し召して、立たせ給ひたるところに、びんづら結うたる童子二人ににん忽然として来たつて、主上の御前おんまへひざまづき、涙を袖に掛けて、「一つ天下のあひだに、しばらくも御身を隠される所なし。ただしあの樹の陰に南へ向かへる座席あり。これ御為に設けたる玉ぎよくいにて候へば、しばらくこれに御座候へ」とまうして、童子は遥かの天に上がり去んぬと御覧じて、御夢はやがて醒めにけり。




元弘元年(1331)八月二十七日に、主上(第九十六代後醍醐天皇)は笠置(現京都府相楽さうら郡)に移られて本堂(笠置寺)を皇居に定めました。最初の一両日のほどは武威を恐れて、参る者は一人もいませんでしたが、比叡山東坂本(現滋賀県大津市)の合戦で、六波羅勢(幕府方)が負けたと聞こえたので、笠置寺の衆徒([僧])をはじめ、近国の兵たちがあちらこちらより急ぎ参りました。けれどもまだ名の通った武士、手勢百騎二百騎なりとも、戦ったことのある大名は一人も参りませんでした。今の勢だけでは、皇居の警固もままならないと、後醍醐天皇は思い悩まれて、少しまどろんだ夢に、所は紫宸殿([平安京内裏の正殿])の庭前と思われる場所に、大きな常盤木([常緑樹])がありました。緑の葉が茂って、南向きの枝はとりわけ生い広がっていました。その木の下には三公([太政大臣・左大臣・右大臣])百官([数多くの役人])たちが位順にすわっていました。南に向いた上座には御坐の畳が高く敷いてありましたが、すわっている人はいませんでした。後醍醐天皇は夢心地で、「誰のために用意した座席であろうか」と不思議に思って、席を立とうとしたところに、髪を結った童子二人がとつぜんと現れ来て、後醍醐天皇の御前にひざまづき、涙を袖にこぼしながら、「一つ天下の間に、わずかもその身を隠される場所はありません。ただあの木の陰に南に向いた座席があります。これはあなたのために用意した玉い([玉座])です、しばらくここにおすわりください」と申して、童子は遥か高く天に上がり去るのを見て、後醍醐天皇は夢からすぐに醒めました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-23 11:40 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」主上御夢の事付楠事(...      「承久記」一院隠岐の国へ流され... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧