Santa Lab's Blog


「太平記」新田義貞落越前府城事(その4)

北国これより動乱して、汗馬かんばの足を休めず。三峯みつみねの衆徒の中より杣山そまやまへ使者を立て、大将を一人賜はつて合戦を致すべき由をまうしける間、脇屋右衛門うゑもんすけ義助よしすけ朝臣五百余騎を相副あひそへて三峯の陣へ差し遣はさる。牒使てふしまた加賀の国に来たつて前に相図あひづを定めらるる間、敷地しきぢ上木うへき・山岸・はた結城ゆふき・江戸・深町の者ども、細屋右馬助うまのすけを大将として、その勢三千余騎越前ゑちぜんの国へ打ち越へ、長崎・川合かはひ・川口三箇所に城を構へて漸々ぜんぜんに府ふへぞ攻め寄せける。




北国はこれ以降動乱して、汗馬([走って汗をかいた馬])の足を休めることはありませんでした。三峯(現福井県鯖江市にあった三峯城)の衆徒([僧])の中より杣山(現福井県南条郡南越前町にある山)へ使者を立て、大将を一人賜わって合戦をしたいと申したので、新田義貞よしさだは脇屋右衛門佐義助朝臣(脇屋義助)に五百騎余りを付けて三峯の陣へ遣わしました。牒使(連絡係)がまた加賀国に来て相図(段取り)を決めると、敷地・上木(上木家光いへみつ)・山岸(山岸光義みつよし)・畑(畑時能ときよし)・結城(結城宗広むねひろ)・江戸・深町の者たちは、細屋右馬助(細谷秀国ひでくに)を大将として、その勢三千騎余りで越前国へ打ち越へ、長崎(現福井県坂井市にあった長崎城)・川合(現福井県大野市)・川口三箇所に城を構えて徐々に国府に攻め寄せました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-25 22:03 | 太平記 | Comments(0)

<< 「承久記」一院隠岐の国へ流され...      「太平記」新田義貞落越前府城事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧