Santa Lab's Blog


「太平記」金崎東宮並将軍宮御隠の事(その4)

やがて春宮は、その翌日より御心地例に違はせ給ひけるが、御終焉じゆうえんの儀しづかにして、四月十三日じふさんにちの暮れほどに、たちまちに隠れさせ給ひけり。将軍しやうぐんの宮は二十日余りまで後座ありけるが、黄疸わうだんと云ふ御労はり出で来て、御遍身へんしん黄に成らせ給ひて、これもつひにはかなくならせ給ひにけり。あはれなるかな尸鳩樹頭しきうじゆとうの花、連枝れんし早く一朝の雨に随ひ、悲しいかな鶺鴒原上せきれいげんじやうの草、同根たちまちに三秋の霜に枯れぬる事を。去々年は兵部卿ひやうぶきやう親王しんわう鎌倉にて失はれさせ給ひ、また去年の春は中務なかづかさの親王金崎かねがさきにて御自害あり。これらをこそためしなく哀れなる事に、聞く人心を傷ましめつるに、今また春宮・将軍の宮みや、いくほどなくて御隠れありければ、心あるも心なきも、これを聞き及ぶ人毎に、哀れをもよほさずと云ふ事なし。かくつらく当たり給へる直義ただよし朝臣の行く末、いかならんと思はぬ人もなかりけるが、果たして毒害せられ給ふ事こそ不思議なれ。




やがて春宮(恒良つねよし親王。南朝初代後醍醐天皇の皇子で皇太子となった)は、その翌日より具合が悪くなられました、終焉([死を迎えること])の儀は閑かにして、四月十三日の暮れほどに、たちまちお隠れになられました。将軍の宮(成良なりよし親王。南朝初代後醍醐天皇の皇子)は二十日余りまで永らえておられましたが、黄疸という病気になられて、遍身([全身])が黄色くなられて、同じくお隠れになられました(史実ではこの後まで生きていたらしいが)。あわれなるかな尸羅逸多(北インドを制覇した戒日王ハルシャ・ヴァルダナ)の頂きの花は、連枝([貴人の兄弟])は早くも一朝の雨に散って、悲しいかな鶺鴒([セキレイ])原の草は、同根たちまちに三秋([初秋・仲秋・晩秋])の霜に枯れてしまった。去々年は兵部卿の親王(護良もりよし親王。南朝初代後醍醐天皇の皇子)は鎌倉にて失われ、また去年の春は中務の親王(尊良たかよし親王。南朝初代後醍醐天皇の皇子)が金崎(現福井県敦賀市)で自害されました(金ヶ崎の戦い)。これらさえ前例もなく哀れなことで、聞く人は心を傷めていましたが、今また春宮(恒良親王)・将軍の宮(成良親王)が、いくほどなくてお隠れになられたので、心ある者心ない者でさえも、これを聞き及ぶ人は皆、悲しみまないものはいませんでした。ここまで厳しく当たる直義朝臣(足利直義)の行く末は、どうなることだろうかと思わない者はいませんでしたが、終に毒害されることになるとは不思議なことでした(尊氏との対立による)。


続く
[PR]
by santalab | 2014-05-27 08:37 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」諸国宮方蜂起の事(その1)      「太平記」金崎東宮並将軍宮御隠... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧