Santa Lab's Blog


「太平記」俊基被誅事並助光事(その4)

助光幕の内に入つて御前おんまへひざまづく。俊基としもとは助光を打ち見て、「いかにや」とばかりのたまひて、やがて泪に咽せび給ふ。助光も、「北の方の御文にて候ふ」とて、御前おんまへに差し置きたるばかりにて、これも涙に暮れて、顔をも持ち上げず泣き居たり。ややしばらくあつて、俊基涙を押しのごひ、文を見給へば、「消え懸かる露の身の置き所なきに付けても、いかなる暮れにか、なき世の別れとうけたまはり候はんずらんと、心を砕く涙のほど、御推し量りもなほ浅くなん」と、ことばに余りて思ひの色深く、黒み過ぐるまで書かれたり。俊基いとど涙に暮れて、読みかね給へる気色、見る人袖を濡らさぬはなかりけり。「すずりやある」とのたまへば、矢立てを御前おんまへに差し置けば、硯の中なる小刀にてびんの髪を少し押し切つて、北の方の文に巻き添へ、引きかへし一筆書いて助光が手に渡し給へば、助光ふところに入れて泣きしづみたる有様、ことわりにも過ぎてあはれなり。




助光は大幕の内に入ると俊基(日野俊基)の御前に跪きました。俊基は助光をわずかに見て、「どうしてここに」とばかり申して、たちまち泪に咽せびました。助光も、「北の方の文でございます」と言って、御前に差し置くのがやっとで、同じく涙に暮れて、顔も持ち上げることができないほどに泣いていました。ややしばらくあって、俊基は涙を押し拭い、文を見れば、「消え懸かる露の身ながらにして身の置き所もございません、いつの暮れか、一生会えないこともあるかと、心を砕くほどの悲しみに涙が溢れ出て止まることがございません、思われるほどよりも悲しみは深くて」と、言葉に余るほど悲しみの色は深いことが、とめどなく書かれていました。俊基はいっそう涙に暮れて、読みかねる気色を、見る人は袖を濡らさない者はいませんでした。「硯はあるか」と申すと、矢立ての硯([えびらなどの中に入れて陣中に携帯した小さい硯箱])を御前に差し置けば、硯の中にあった小刀で鬢([耳ぎわの髪])の髪を少し押し切って、北の方の文に巻き添えると、裏に一筆書いて助光に手渡しました、助光は懐に入れて泣き沈みましたが、道理にも余り哀れでした。


続く
[PR]
by santalab | 2014-06-04 08:05 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」俊基被誅事並助光事(...      「太平記」俊基被誅事並助光事(... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧