Santa Lab's Blog


「太平記」将軍筑紫御開の事(その2)

かかるところに、宗像むなかたの大宮司使者をまゐらせて、「おましの辺りは余りに分内ぶんないせばうて、軍勢の宿なんども候はねば、恐れながらこの弊屋へいをくへ御入りあつて、しばらくこの間の御窮屈を休められ、国々へ御教書みげうしよをなされて、勢を召され候ふべし」とまうしければ、将軍やがて宗像がたちへ入らせ給ふ。次の日小弐せうに入道妙恵めうゑが方へ、南の遠江とほたふみかみ宗継むねつぐ・豊田の弥三郎光顕みつあきを両使として、頼むべき由をのたまひ遣はされければ、小弐入道子細に及ばず、やがて嫡子の太郎頼尚よりなほに、若武者三百騎差し添へて、将軍へぞまゐらせける。




その折、宗像大宮司(宗像氏長うぢなが)は使者を遣わして、「将軍殿(足利尊氏)のおられる所はあまりにも分内([境界の内])が狭くて、軍勢の宿などもございませんので、恐れ多いことながらわたしの弊屋([拙宅])にお越しになられて、しばらくの窮屈な思いを休められて、国々へ御教書([御判御教書]=[将軍の命を奉じてその部下が出した文書])を出され、勢を集めなさいませ」と申したので、将軍(尊氏)はすぐに宗像の館を訪ねました。次の日小弐入道妙恵(少弐貞経さだつね)の許へ、南遠江守宗継(南宗継)・豊田弥三郎光顕(豊田光顕)を使いとして、頼りにしたいと申し遣わせると、小弐入道(貞経)は子細に及ばず、すぐに嫡子の太郎頼尚(少弐頼尚)に、若武者三百騎を付けて、将軍(尊氏)方に参らせました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-06-06 19:54 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」小弐与菊池合戦事付宗...      「太平記」将軍筑紫御開の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧