Santa Lab's Blog


「太平記」大塔宮熊野落の事(その11)

結句竹原入道が子どもさへ、父が命を背いて、宮を討ち奉らんとするくはだてありと聞こえしかば、宮密かに十津川とつがはも出でさせ給ひて、高野かうやの方へぞ赴かせ給ひける。その路、小原をばら芋瀬いもがせ中津川なかつがはと云ふ陣の難所なんじよを経通る路なれば、中々敵を打ち頼みて見ばやと被思召、先づ芋瀬の庄司しやうじが許へ入らせ給ひけり。芋瀬、宮をば我がたちへ入れまゐらせずして、そばなる御堂みだうに置き奉り、使者を以つてまうしけるは、「三山の別当定遍ぢやうべん武命を含んで、陰謀与党おんぼうよたうともがらをば、関東くわんとうへ注進仕る事にて候へば、この道より無左右通し参らせん事、後の罪科陳謝ちんじやするに不可有拠候、乍去宮を留め参らせん事はその恐れ候へば、御伴の人々のうち名字みやうじさりぬべからんずる人を一両人賜はつて、武家へ召し渡し候ふか、不然ば御紋の旗を賜はりて、合戦仕つてさふらひつる支証ししようこれにて候ふと、武家へ可申にて候ふ。この二つのあひだ、いづれも叶ふまじきとの御意にて候はば、無力一矢仕らんずるにて候ふ」と、まことにまた余儀もなげにぞまうし入れたりける。




とうとう竹原入道の子どもまでもが、父の命に背いて、大塔の宮(護良もりよし親王。第九十六代後醍醐天皇の皇子)を討つ企てをしていると聞こえたので、大塔の宮は密かに十津川(現奈良県吉野郡十津川村)に出て、高野山へ赴きました。その路は、小原(現奈良県吉野郡十津川村小原)・芋瀬(現奈良県吉野郡十津川村五百瀬)・奈良県吉野郡野迫川村中津川(現奈良県吉野郡野迫川のせがは村中津川)という陣の難所を通る路でしたので、敵を味方に付けようと思われて、まず芋瀬庄司の許を訪ねました。芋瀬は、大塔の宮を己の館には入れずに、近くの御堂に置いて、使者をもって申すには、「(熊野)三山の別当定遍は武命により、陰謀の与党の者たちを、関東(鎌倉幕府)に注進([事件を書き記して上申すること])することになっております、この道を難なく通せば、後の罪科を陳謝できるものではありません。とはいえ大塔の宮を留めては恐れあることですれば、伴の人々の中で名のある者を一人下されて、武家へ渡すか、しからずば紋の付いた旗を賜って、合戦をした支証([裏づけとなる証拠])だと、武家に申すことにしましょう。この二つ、いずれも叶えられなければ、仕方なく一矢射るほかありません」と、ほかに手はないと申しました。


続く
[PR]
by santalab | 2014-06-15 21:45 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」大塔宮熊野落の事(そ...      「太平記」大塔宮熊野落の事(そ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧