Santa Lab's Blog


「太平記」大塔宮熊野落の事(その16)

宮これを御覧じて、玉顔ぎよくがん殊におごそかに打ち笑ませ給ひて、御手の者どもに向かつて、「矢種のあらんずるほどは防ぎ矢を射よ、心しづかに自害して名を万代に可貽。ただし各々相構あひかまへて、我より先に腹切る事不可有。我すでに自害せば、おもての皮を剥ぎ耳鼻を切つて、たれが首とも見へぬやうにし成して捨つべし。その故は我が首をもし獄門に懸けて被曝なば、天下に御方の心ざしをそんぜん者は力を失ひ、武家はいよいよ所恐なかるべし。『死せる孔明生ける仲達ちゆうたつを走らしむ』と云ふ事あり。されば死して後までも、威を天下に残すを以つて良将りやうしやうとせり。今はとても遁れぬところぞ、相構へて人々きたなびれて、敵に笑はるな」と被仰ければ、御供のつはものども、「何故なにゆゑか、きたなびれ候ふべき」とまうして、御前おんまへに立つて、敵の大勢にて攻め上りける坂中の辺まで下り向かふ。その勢わづか三十二人さんじふににん、これ皆一騎当千いつきたうせんの兵とはいへども、敵五百余騎に打ち合うて、可戦やうはなかりけり。




大塔の宮(護良もりよし親王。第九十六代後醍醐天皇の皇子)はこれを見て、玉顔([玉のように美しい顔])をとりわけ厳しく微笑んで、手の者どもに向かって、「矢種のある限り防ぎ矢を射よ、心静かに自害して名を万代に残そうと思う。ただし各々決して、我より先に腹を切ってはならぬ。我が自害したら、顔の皮を剥ぎ耳鼻を切って、誰の首とも分からぬようにして捨てよ。その訳は我が首がもし獄門に懸けられて晒されば、天下に味方しようと思っている者は力を失い、武家はますます恐れをなさぬであろう。『死せる孔明生ける仲達を走らしむ』というではないか。ならば死んだ後までも、威を天下に残すのが良将というものぞ。今はとても遁れられぬ、者どもよ無様な死に様をして、敵に笑われるな」と申されたので、供の兵どもは、「どうして、無様な姿を見せましょうぞ」と言って、前に立って、敵が大勢で攻め上って来る坂の途中まで下り向かいました。その勢わずか三十二人でした、この者たちは皆一騎当千の兵でしたが、敵五百余騎に打ち合って、敵うはずもありませんでした。


続く
[PR]
by santalab | 2014-06-16 07:40 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」大塔宮熊野落の事(そ...      「太平記」大塔宮熊野落の事(そ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧