Santa Lab's Blog


「住吉物語」上(その31)

日数るままに思ひ乱れ、「いかにせん」とのみ、悲しみ給ひて、例の対の御方に、佇み寄り、侍従に会ひて、「浅ましく、人々にたばかられて、かかる物思ふことのわりなさよ。いかにをかしと思しけん、消えも失せまほしけれども、さすがに、捨て遣らぬものは人の身に」などとて、うち涙ぐみ給ひて、「今はいかが、ただ一言聞こえさすべきことの侍るなり。これ御覧ぜさせよ」など、度々のたまひければ、侍従、「昔だにも、聞こえわづらひしことなり。今は、いよいよ難き仰せにこそ」と言えば、「我が君、一度ひとたびの返り言をのたまひたらば、この世の思ひ出にこそと思ふなり」と聞こゆれば、「それも、いかが」と思へども、いなみ難くて、度々ほのめかしけれども、叶はざりけり。




少将は日を経るにつれますます思い乱れ、「なんとしても姫君に逢いたい」とばかり思い、悲しみはつのりました、いつも姫君が住む対屋の方に佇んで、侍従に会い、「情けないことに、だまされて、苦しくてやりきれない。愚か者と思われても仕方ないが。この世から消え失せてしまいたいと思ったりもするが、さすがに、命ばかりは中々捨てきれないものよ」などと、度々申して、涙ぐみ、「今となってはどうしようもないことと思うが、ただ一言の返事が欲しい。どうかこの文を届けてほしい」と、重ねて申すのでした、侍従は、「昔でさえ、返事はございませんでした。今となっては、なお難しいことでしょう」と答えましたが、少将は「わたしが想うあの姫君から、ただ一言の返事をもらって、一生の思い出にしようと思う」と申したので、侍従は「それも、叶いそうもない」とは思いましたが、かといって断わることもできずに、姫君に度々それとなく勧めました、けれど姫君の返事はありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2014-11-04 08:56 | 住吉物語 | Comments(0)

<< 「住吉物語」上(その32)      「増鏡」久米の佐良山(その24) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧