Santa Lab's Blog


「太平記」山崎攻の事付久我畷合戦の事(その3)

八幡やはた・山崎の官軍くわんぐんこれを聞いて、さらば難所なんじよに出で合つて不慮に戦ひを決せしめよとて、千種ちぐさとう中将ちゆうじやう忠顕ただあき朝臣は、五百余騎にて大渡おほわたりの橋を打ち渡り、赤井河原あかゐかはらに被控。結城ゆふき九郎左衛門くらうざゑもんじよう親光ちかみつは、三百余騎にて狐川きつねがはの辺に向かふ。赤松入道円心ゑんしんは、三千余騎にて淀・古川ふるかは久我畷こがなはての南北三箇所に陣を張る。これ皆強敵がうてきを取りひしぐ機、天を廻らし地を傾くと云ふとも、機を解きいきほひを被呑とも、今上いまのぼりの東国勢一万余騎に対して可戦とは見へざりけり。足利殿は、兼ねて内通の子細ありけれども、もしたばかりやし給ふらんとて、坊門ばうもんの少将雅忠まさただ朝臣は、寺戸と西岡の野伏ども五六百人駆りかりもよほして、岩蔵いはくら辺に被向。




八幡(現京都府八幡市)・山崎(現京都府乙訓郡大山崎町)の官軍はこれを聞いて、ならば難所で待ち構えて一気に戦いを決しようと、千種頭中将忠顕朝臣(千種忠顕)は、五百余騎で大渡(宇治川、桂川の合流地点。山崎辺)の橋を打ち渡り、赤井河原(桂川の西側にあった洲)に控えました。結城九郎左衛門尉親光(結城親光)は、三百余騎で狐川(現京都府京田辺市田辺狐川)の辺に向かいました。赤松入道円心(赤松則村のりむら)は、三千余騎にて淀(現京都市伏見区)・古川(現京都市東山区)・久我畷(鳥羽=現京都市南区・伏見区。から山崎に通じる路)の南北三箇所に陣を張りました。これらの者は皆強敵を押しつぶそうとその思いは、天を廻らし地を傾けるほどでしたが、敵の機を失し勢いをくじくとも、今上りの東国勢一万余騎に対して敵うようには見えませんでした。足利殿(足利高氏)は、かねて内通の旨を申していましたが、もしや謀略かもしれないと、坊門少将雅忠朝臣(坊門雅忠)は、寺戸(現京都府向日市寺戸町)と西岡(現京都府乙訓郡西岡)の野伏ども五六百人を急ぎ集めて、岩蔵(現京都市左京区)辺に向かいました。


続く


[PR]
by santalab | 2014-11-29 09:41 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」山崎攻の事付久我畷合...      「増鏡」月草の花(その21) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧