Santa Lab's Blog


「太平記」楠出張天王寺の事付隅田高橋並宇都宮の事(その1)

元弘げんこう二年三月五日、左近の将監しやうげん時益ときます越後ゑちごかみ仲時なかときりやう六波羅に被補て、関東くわんとうより上洛しやうらくす。この三四年は、常葉ときは駿河の守範貞のりさだ一人として、両六波羅の成敗を司つてありしが、固く辞しまうしけるに依つてとぞ聞こへし。楠木兵衛正成まさしげは、去年赤坂の城にて自害して、焼け死ししたる真似をして落ちたりしを、まことと心得て、武家より、その跡に湯浅孫六入道定仏ぢやうぶつ地頭ぢとうに据ゑ置きたりければ、今は河内かはちの国に於いては殊なる事あらじと、心安く思ひけるところに、同じき四月三日楠木五百余騎を卒して、にはかに湯浅が城へ押し寄せて、息をも不継攻め戦ふ。城中じやうちゆう兵粮ひやうらうの用意とぼしかりけるにや、湯浅が所領紀伊の国の阿瀬川あぜがはより、人夫にんぶ五六百人に兵粮を持たせて、夜中やちゆうに城へ入れんとする由を、楠木ほのかに聞いて、つはものを道の切所せつしよへ差し遣はし、ことごとくこれを奪ひ取りそのたはらに物の具を入れ替へて、馬に負ふせ人夫に持たせて、兵を二三百人兵士ひやうじやうに出で立たせて、城中へ入らんとす。




元弘二年(1332)三月五日、左近将監時益(北条時益。六波羅探題南方)、越後守仲時(北条仲時。六波羅探題北方)が、両六波羅に任じられて、関東より上洛しました。この三四年は、常葉駿河守範貞(北条範貞)が一人で、両六波羅の成敗を司っていましたが、固く辞し申したためといわれました。楠木兵衛正成(楠木正成)は、去年赤坂城(現大阪府南河内郡千早赤阪村にあった山城)で自害して、焼け死んだふりをして落ちたのを、本当のことだと思って、武家より、その跡に湯浅孫六入道定仏(湯浅宗藤むねふぢ)を地頭([荘園・国衙領(公領)を管理支配するために設置した職])に据え置いたので、今は河内国では争いなどないと、安心していましたが、同じ四月三日に楠木(正成)が五百余騎を引き連れて、たちまち湯浅城(和歌山県有田郡湯浅町にあった城)に押し寄せて、息も継かず攻め戦いました。城中には兵粮の用意が乏しかったので、湯浅(宗藤)の所領である紀伊国の阿瀬川(阿瀬川荘。現和歌山県有田郡有田川町)より、人夫五六百人に兵粮を持たせて、夜中に城へ入れようとしていることを、楠木(正成)はかすかに聞いて、兵を集め道の切所([難所])に差し遣わし、残らず兵粮を奪い取ってその俵に物の具([武具])を入れ替えて、馬に負わせて人夫に持たせて、兵を二三百人兵士に見せかけて、城中へ入ろうとしました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-07 09:50 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」楠出張天王寺の事付隅...      「増鏡」烟の末々(その19) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧