Santa Lab's Blog


「太平記」頼員の事(その10)

加様かやう大手おほての軍強ければ、佐々木判官はうぐわんが手の者千余人、後ろへまはつて錦小路にしきのこうぢより、在家を打ち破つて乱れ入る。多治見今はこれまでとや思ひけん、中門に並みて、二十二人の者ども、かたみに差し違へ差し違へ、さんを散らせる如く臥したりける。追手おふての寄せ手どもが、門を破りけるそのあひだに、搦め手の勢ども乱れ入り、首を取つて六波羅へ馳せ帰る。二時計りの合戦に、手負ひ死人を数ふるに、二百七十三人なり。




こうして大手([敵を表門または正面から攻める軍隊])の軍は強かったので、佐々木判官(佐々木道誉だうよ)の手の者千余人は、後ろに廻って錦小路(四条を東西に通る小路)より、在家を打ち破って乱れ入りました。多治見(多治見国長くになが)は今はこれまでと思ったか、中門に集まり、二十二人の者どもは、互いに刺し違えて、算を散らした([算木をばらばらにする])如く倒れ付しました。追手([敵の正面を攻撃する軍勢])の寄せ手どもが、門を破るその間に、搦手([城の裏門や敵陣の後ろ側を攻める軍勢])の勢どもが乱れ入り、首を取って六波羅へ馳せ帰りました。二時計りの合戦で、手負い死人を数えれば、二百七十三人に及びました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-20 19:16 | 太平記 | Comments(0)

<< 「増鏡」烟の末々(その31)      「太平記」頼員の事(その9) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧