Santa Lab's Blog


「太平記」新田義貞謀反の事付天狗催越後勢事(その4)

さらばやがて事の漏れ聞こへぬさきに打つ立てとて、同じき五月八日の卯の刻に、生品いくしなの明神の御前おんまえにて旗を挙げ、綸旨をひらいて三度みたびこれを拝し、笠懸野かさかけのへ打ち出でらる。相随あひしたがふ人々、氏族には、大館おほたち次郎宗氏むねうぢ・子息孫次郎幸氏なりうぢ・二男弥次郎氏明うぢあきら・三男彦二郎氏兼うぢかぬ・堀口三郎貞満さだみつ・舎弟四郎行義ゆきよし・岩松三郎経家つねいへ・里見五郎義胤よしたね・脇屋次郎義助よしすけ・江田三郎光義みつよし・桃井次郎尚義なほよし、これらを宗とのつはものとして、百五十騎には過ぎざりけり。この勢にてはいかがと思ふところに、その日の晩景ばんげい利根河とねがはの方より、馬・物の具爽やかに見へたりける兵二千騎にせんぎ許り、馬煙むまけぶりを立てて馳せ来たる。すはや敵よと目に懸けて見れば、敵には非ずして、越後ゑちごの国の一族に、里見・鳥山・田中・大井田おゐだ羽川はねかはの人々にてぞおはしける。




さらばすぐに事が漏れ聞こえぬ前に打ち立てと、同じ元弘げんこう三年(1333)五月八日の卯の刻([午前六時頃])に、生品明神(現群馬県太田市にある生品神社)の御前で旗上げして、綸旨を開いて三度これを拝し、笠懸野(現群馬県みどり市南部・太田市北西部)へ打ち出ました。相従う人々、氏族には、大館次郎宗氏(大館宗氏)・子息孫次郎幸氏(大館幸氏)・次男弥次郎氏明(大館氏明)・三男彦二郎氏兼(大館氏兼)・堀口三郎貞満(堀口貞満)・舎弟四郎行義(堀口行義)・岩松三郎経家(岩松経家)・里見五郎義胤(里見義胤)・脇屋次郎義助(脇屋義助。新田義貞の弟)・江田三郎光義(江田光義)・桃井次郎尚義(桃井尚義)、これらを主な兵として、百五十騎にも過ぎませんでした。この勢ではどうにもならないと思うところに、その日の晩景([夕刻])利根川の方より、馬・物の具([武具])を晴れ晴れと着こなした兵が二千騎ばかり、馬煙を立てて馳せ来ました。まさか敵かと目に懸けて見れば、敵ではなく、越後国の一族、里見・鳥山・田中・大井田・羽川の人々でした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-21 08:49 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田義貞謀反の事付天...      「太平記」南都北嶺行幸の事(その1) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧