Santa Lab's Blog


「太平記」新田義貞謀反の事付天狗催越後勢事(その6)

義貞よしさだ義助よしすけ不斜悦びて、「これ偏へに八幡大菩薩>の擁護によるものなり。且くも不可逗留とうりう」とて、同じき九日武蔵の国へ打ち越え給ふに、紀の五左衛門、足利殿の御子息千寿王せんじゆわう殿を奉具足、二百余騎にて馳せ着きたり。これより上野かうづけ下野しもつけ上総かづさ・常陸・武蔵のつはものども不期に集り、不催に馳せ来つて、その日の暮れほどに、二十万七千にじふまんしちせん余騎兜を並べ控へたり。去れば四方しはう八百里に余れる武蔵野に、人馬ともに満ち満ちて、身をそばだつるに処なく、打ち囲うだる勢なれば、天に飛ぶ鳥も翔ける事を不得、地を走るけだものも隠れんとするに処なし。草の原より出づる月は、馬鞍むまくらの上にほのめきてよろひの袖に傾かたぶけり。尾花が末を分くる風は、旗の影をひらめかし、母衣ほろの手しづまる事ぞなき。




義貞(新田義貞)・義助(脇屋義助。新田義貞の弟)はたいそうよろこんで、「これはひとえに八幡大菩薩>の擁護によるものぞ。しばらくも逗留すべきでない」と申して、同じ五月九日に武蔵国へ打ち越えるところに、紀五左衛門が、足利殿(足利高氏)の子息千寿王殿(後の足利義詮よしあきら)を具足して、二百余騎で馳せ付きました。これより上野・下野・上総・常陸・武蔵の兵どもが自ずと集まり、馳せ来て、その日の暮れほどに、二十万七千余騎が兜を並べました。こうして四方八百里に余る武蔵野に、人馬ともに満ち満ちて、身を立てるに所なく、打ち囲むほどの勢となって、天を飛ぶ鳥も翔けることを得ず、地を走る獣も隠れる場所がないほどでした。草の原より出づる月は、馬鞍の上に反射して鎧の袖に映りました。尾花([薄])の末を分ける風は、旗の影をひらめかし、母衣([戦場における甲冑着用の際に、縦に縫い合わせた長い布を背中につけたもの])を切る音が静まることはありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-21 08:58 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田義貞謀反の事付天...      「太平記」新田義貞謀反の事付天... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧