Santa Lab's Blog


「太平記」新田義貞謀反の事付天狗催越後勢事(その8)

去るほどに京都へ討つ手を可被上事をば差し置いて、新田殿退治の沙汰計りなり。同じき九日軍の評定ひやうぢやうあつて翌日の巳の刻に、金沢かなざは武蔵のかみ貞将さだまさに、五万余騎を差しへて、下河辺しもかうべへ被下。これは先づ上総かづさ下総しもつさの勢を付けて、敵の後攻ごづめをせよとなり。一方へは桜田治部の大輔貞国さだくにを大将にて、長崎二郎高重たかしげ・同じき孫四郎左衛門・加治かぢ二郎左衛門じらうざゑもん入道に、武蔵・上野両国の勢六万余騎を相副あひそへて、上路かみみちより入間河いるまがはへ被向。これは水沢みづさはを前に当てて敵の渡さんところを討てとなり。承久よりこの方東風しづかにして、人皆弓箭ゆみやをも忘れたるが如くなるに、今始めて干戈かんくわ動かす珍しさに、つはものども事々しくここを晴れと出で立ちたりしかば、馬・物の具・太刀・刀、皆照りかかやく許りなれば、由々しき見物みものにてぞありける。




やがて京都に討っ手を上せることは差し置いて、新田殿(新田義貞よしさだ)退治の沙汰ばかりとなりました。同じ元弘げんこう三年(1333)五月九日に軍の評定があり翌日の巳の刻([午前十時頃])に、金沢武蔵守貞将(北条貞将=金沢貞将)に、五万余騎を差し添えて、下河辺(現埼玉県北葛飾郡)に下しました。これはまず上総・下総の勢を付けて、敵の後攻め([敵の後ろへまわって攻める軍隊])をするためでした。一方へは桜田治部大輔貞国(北条貞国=桜田貞国)を大将にて、長崎二郎高重(長崎高重)・同じく孫四郎左衛門(長崎泰光やすみつ)・加治二郎左衛門入道に、武蔵・上野両国の勢六万余騎を添えて、上路より入間川へ向かわせました。これは水沢を前にして敵が渡るところを討つためでした。承久よりこの方東風は閑かにして、人は皆弓矢を忘れたようでしたが、今はじめて干戈([武器])を使う珍しさに、兵どもは格別晴れ晴れと出で立ちました、馬・物の具([武具])・太刀・刀は、皆照り輝くばかりで、みごとな見物でした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-21 09:31 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」新田義貞謀反の事付天...      「太平記」新田義貞謀反の事付天... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧