Santa Lab's Blog


「太平記」新田義貞謀反の事付天狗催越後勢事(その11)

去るほどに桜田治部の大輔貞国さだくに加治かぢ・長崎ら十二日の軍に打ち負けて引き退く由鎌倉へ聞こへければ、相摸入道にふだう・舎弟の四郎左近の大夫入道恵性ゑしやうを大将軍として、塩田陸奥の入道・安保あぶ左衛門入道・じやう越後ゑちごかみ・長崎駿河の守時光ときみつ左藤さとう左衛門入道・安東左衛門さゑもんじよう高貞たかさだ・横溝五郎入道・南部孫二郎・新開衛門入道・三浦若狭の五郎氏明うぢあきらを差しへて、重ねて十万じふまん余騎を被下、その勢十五日の夜半許りに、分陪ぶんばいに着きければ、当陣の敗軍また力を得て勇み進まんとす。義貞よしさだは敵に荒手の大勢くははりたりとは不思寄。十五日の夜未だ明けざるに、分陪へ押し寄せて鬨を作る。鎌倉勢先づ究竟くつきやうの射手三千人をすぐて面おもてに進め、雨の降る如く散々に射させける間、源氏射立てられて駆けず。平家これに利を得て、義貞の勢を取り篭め不余とこそ責めたりけれ。新田義貞逞兵ていへいを引つ選つて、敵の大勢を懸け破つては裏へとほり、取つてかへしてはをめいて懸け入り、電光でんくわうの如激、蜘手・輪違わちがひに、七八度が程ぞ当たりける。されども大敵しかも荒手にて、先度の恥を雪めんと、義をもつばらにして闘ひける間、義貞遂に打ち負けて堀金ほりかねを指して引き退く。その勢若干そくばく被討て痛手を負ふ者数を不知。その日やがて追うてばし寄せたらば、義貞ここにて被討給ふべかりしを、今は敵何程の事か可有、新田をば定めて武蔵・上野かうづけの者どもが、討つて出ださんずらんと、大様おほやうに憑んで時を移す。これぞ平家の運命の尽きぬるところのしるしなり。




やがて桜田治部大輔貞国(北条貞国=桜田貞国)・加治(加治二郎左衛門)・長崎(長崎高重たかしげ)らが十二日の軍に打ち負けて引き退くと鎌倉に知らせたので、相摸入道(北条高時たかとき。鎌倉幕府第十四代執権)・弟の四郎左近大夫入道恵性(北条泰家やすいへ)を大将軍として、塩田陸奥入道(北条国時くにとき=塩田国時)・安保左衛門入道・城越後守・長崎駿河守時光(長崎駿河守時光)・左藤左衛門入道(佐藤性妙)・安東左衛門尉高貞(安東高貞)・横溝五郎入道・南部孫二郎・新開衛門入道・三浦若狭五郎氏明(三浦氏明)を差し添えて、重ねて十万余騎を下しました、その勢は十五日の夜半ばかりに、分陪(現東京都府中市)に着くと、当陣の敗軍はまた力を得て勇み進もうとしました。義貞(新田義貞)は敵に新手の大勢が加わったとは思いもしませんでした。十五日の夜いまだ明けないほどに、分陪へ押し寄せて鬨を作りました。鎌倉勢はまず究竟の射手三千人を選って前面に進め、雨が降る如く散々に射させました、源氏(新田)は射立てられて馬を駆けることができませんでした。平家(北条)はこれに利を得て、義貞の勢を取り込めて余すまじと攻めました。新田義貞は逞兵([たくましく勇ましい兵士])を選って、敵の大勢を駆け破っては裏へ通り、取って返すと喚いて駆け入り、電光の如く激しく、蜘手・輪違い([輪違い]=[二個、もしくは二個以上の輪が互いに交錯してできた文様])に、七八度当てました。けれども大敵しかも新手で、先度の恥を雪めようと、義を専らに戦ったので、義貞は遂に打ち負けて堀金(現新潟県長岡市堀金)を指して引き退きました。その勢若干討たれて痛手を負ふ者は数知れませんでした。その日すぐに後を追って走り寄せていれば、義貞をこの一戦で討つことができたことでしょうが、今は敵は何ほどのこともあるまい、新田を必ずや武蔵・上野の者どもが、討って参らすであろうと、気安く構えて頼みにして時を移しました。これが平家(北条)の運命が尽きる前兆となりました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-21 09:49 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」笠置囚人死罪流刑の事...      「太平記」新田義貞謀反の事付天... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧