Santa Lab's Blog


「太平記」主上御没落笠置事(その4)

この時ここかしこにて、生け捕られ給ひける人々には、先づ一の宮中務なかつかさきやう親王しんわう・第二の宮妙法院めうほふゐん尊澄そんちよう法親王ほふしんわう・峰の僧正そうじやう春雅しゆんが・東南院僧正聖尋しやうじん万里小路までのこうぢ大納言宣房のぶふさ花山くわざんゐん大納言師賢もろかた按察あぜち大納言公敏きんとしげん中納言ぢゆうなごん具行ともゆき侍従じじゆう中納言公明きんあきら別当べつたう左衛門さゑもんかみ実世さねよ・中納言藤房ふぢふさ宰相さいしやう季房すゑふさへい宰相成輔なりすけ・左衛門の督為明ためあきら左中将さちゆうじやう行房ゆきふさ・左少将忠顕ただあき・源の少将能定よしさだ四条しでうの少将隆兼たかかぬ妙法院めうほふゐんの執事澄俊ちようしゆん法印、北面・諸家のさぶらひどもには、左衛門の大夫氏信うぢのぶ右兵衛うひやうゑの大夫有清ありきよ・対馬の兵衛重定しげさだ・大夫将監しやうげん兼秋かねあき・左近の将監宗秋むねあき雅楽うた兵衛ひやうゑじよう則秋のりあき・大学の助長明ながあきら足助あすけの次郎重範しげのり宮内くないじよう能行よしゆき大河原おほかはら源七左衛門のじよう有重ありしげ、奈良法師に、俊増しゆんぞう教密けうみつ行海ぎやうかい志賀良木しがらき治部房ぢぶばう円実ゑんじつ・近藤三郎左衛門の尉宗光むねみつ・国村三郎入道定法ぢやうほふげん左衛門入道慈願じぐわん・奥の入道如円じよゑん・六郎兵衛入道浄円じやうゑん、山徒には勝行房しようぎやうばう定快ぢやうくわい習禅房しふぜんばう浄運じやううん乗実房じようじつばう実尊じつそん都合つがふ六十一人、その所従眷属けんぞくどもに至るまでは数ふるに暇あらず。




この時ここかしこで、生け捕られた人々は、まず一宮中務卿親王(尊良たかよし宗良むねよし親王)・峰僧正春雅・東南院僧正聖尋・万里小路大納言宣房(万里小路宣房)・花山院大納言師賢(花山院師賢)・按察大納言公敏(洞院公敏)・源中納言具行(北畠具行)・侍従中納言公明(三条公明)・別当左衛門督実世(洞院実世)・中納言藤房(万里小路藤房)・宰相季房(万里小路季房。万里小路藤房の弟)・平宰相成輔(平成輔)・左衛門督為明(二条為明)・左中将行房(世尊寺行房)・左少将忠顕(千種忠顕)・源少将能定(源能定)・四条少将隆兼(四条隆兼)・妙法院の執事澄俊法印、北面・諸家の侍どもには、左衛門大夫氏信(京極氏信)・右兵衛大夫有清・対馬兵衛重定・大夫将監兼秋(豊原兼秋)・左近将監宗秋(豊原宗秋)・雅楽兵衛尉則秋(豊原則秋)・大学助長明・足助次郎重範(足助重範)・宮内丞能行(楊梅やまもも能行)・大河原源七左衛門尉有重、奈良法師に、俊増・教密・行海・志賀良木治部房円実・近藤三郎左衛門尉宗光(近藤宗光)・国村三郎入道定法・源左衛門入道慈願・奥入道如円・六郎兵衛入道浄円、山徒には勝行房定快・習禅房浄運・乗実房実尊、都合六十一人、その所従([従者])眷属([家来])どもにいたっては数えようもありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-22 08:58 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」主上御没落笠置事(その5)      「太平記」主上御没落笠置事(その3) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧