Santa Lab's Blog


「太平記」先帝船上臨幸事(その1)

畿内の軍未だしづかならざるに、また四国・西国日を追つて乱れければ、人の心皆薄氷をんで国のあやふき事深淵に臨むが如し。そもそも今如斯天下の乱るりる事はひとへに先帝の宸襟しんきんより事これり。もし逆徒差し違ふて奪ひ取り奉らんとする事もこそあれ、相構あひかまへてよくよく警固仕るべしと、隠岐の判官が方へ被下知ければ、判官近国の地頭・御家人をもよほして日番・夜廻よまはり隙もなく、宮門を閉ぢて警固し奉る。




畿内の軍いまだ静まらぬうちに、また四国・西国では日を追うごとに乱が起こり、人は皆薄氷を踏むような気がして国の危機が迫り来るのを覚えました。そもそも今こうして天下が乱れることはひとえに先帝(第九十六代後醍醐天皇)の宸襟([心])より起こったものでした。もしや逆徒が刺し違えても命を奪い取ろうとすることもあろうかと、よくよく警固せよと、隠岐判官(佐々木清高きよたか)に命じたので、判官は近国の地頭・御家人を集めて日番・夜廻りを隙なくさせて、宮門を閉じて警固しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-22 10:17 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」先帝船上臨幸事(その2)      「太平記」主上御没落笠置事(そ... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧