Santa Lab's Blog


「太平記」奥州国司顕家卿並新田徳寿丸上洛の事(その8)

また新田左中将さちゆうじやう義貞よしさだの次男徳寿丸とくじゆまる上野かうづけの国より起こつて、二万余騎武蔵の国へ打ち越えて、入間川いるまがはにて著到ちやくたうを付け、国司の合戦もし延引せば、自余の勢を待たずして鎌倉を攻むべしとぞ相謀あひはかりける。鎌倉には上杉民部の大夫・同じき中務なかつかさの大輔・志和しわ三郎・桃井もものゐ播磨のかみかうの大和の守以下いげ宗との一族大名数十人すじふにん、大将足利左馬のかみ義詮よしあきら御前おんまへまゐりて、評定ひやうぢやうありけるは、「利根川とねがはの合戦の後、御方は気を失つて大半は落ち散り候ふ、御敵はいきほひに乗つて、いよいよ猛勢まうせいに成りさふらひぬ。今は重ねて戦ふとも勝つ事を得難し。ただ安房あは・上総へ引き退きて、東八箇国の勢いづ方へか付くと見て、時の反違へんゐに随ひ、いくさの安否を計らうて戦ふべきか」と、延び延びとしたる評定ひやうぢやうのみあつて、まことにすずしく聞こへたる義勢はさらになかりけり。




また新田左中将義貞(新田義貞)の次男徳寿丸(新田義興よしおき)も、上野国で兵を起こして、二万余騎で武蔵国へ打ち越えて、入間川(現埼玉県を流れる荒川水系の一級河川)で著到([著到状]=[出陣命令を受けてそれに応じ、あるいはみずからこれを聞いて自発的に参着したことを記して提出する文書])を認め、国司(北畠顕家あきいへ)の合戦がもし長引けば、自余の勢を待たずに鎌倉を攻めようと話し合っていました。一方鎌倉では上杉民部大輔(上杉朝房ともふさ)・同じく中務大輔(上杉朝宗ともむね。朝房の弟)・志和三郎(斯波家長いへなが)・桃井播磨守(桃井直常ただつね)・高大和守(高重茂しげもち)以下主だった一族大名数十人が、大将足利左馬頭義詮(足利義詮。室町幕府第二代将軍)御前に参り、評定がありましたが、「利根川の合戦の後、味方は気力を失って大半は落ちてしまいました、敵は勢いに乗って、ますます猛勢になっております。今は重ねて戦うとも勝つことは難しいでしょう。ただ安房・上総へ引き退いて、東八箇国の勢がどちらに付くか見て、時が変わるのを待ち、軍の安否を計って戦うべきでございましょう」と、優柔不断の評定ばかりでした、まこと決断の義勢([意気込み])はまったくありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-26 07:51 | 太平記 | Comments(0)

<< 「曽我物語」富士野の狩場への事...      「太平記」奥州国司顕家卿並新田... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧