Santa Lab's Blog


「太平記」新将軍京落事(その1)

公家の大将には、二条にでう殿・四条しでうの中納言隆俊たかとしきやう、武将には、石塔刑部卿頼房よりふさ・細川相摸のかみ清氏きようぢ・舎弟左馬の助・和田にぎた・楠木・湯浅・山本・恩地おんぢ牲川にへかは、その勢二千余騎にて、十二月三日住吉・天王寺てんわうじに勢揃へをすれば、細川兵部ひやうぶ少輔せう氏春うぢはる淡路の勢を率して、兵船八十はちじふ余艘よさうにてさかひの浜へ着く。赤松彦五郎範実のりざね、「摂津の国兵庫より打つ立てすぐに山崎へ攻むべし」と合図を指す。これを聞きて京中きやうぢゆうの貴賎、財宝を鞍馬・高雄へ持ち運び、しとみ遣戸やりどを放ち取る。京白川の騒動斜めならず。




公家の大将には、二条殿(二条教基のりもと?)・四条中納言隆俊卿(四条隆俊)、武将には、石塔刑部卿頼房(石塔頼房)・細川相摸守清氏(細川清氏)・その弟左馬助(細川頼和よりかず)・和田(和田正武まさたけ)・楠木(楠木正儀まさのり正成まさしげの三男)・湯浅(湯浅宗藤むねふじ?)・山本・恩地・牲川ら、その勢二千余騎で、十二月三日に住吉(現大阪市住吉区にある住吉大社)・天王寺(現大阪市天王寺区にある四天王寺)に勢揃いすれば、細川兵部少輔氏春(細川氏春)は淡路の勢を率して、兵船八十余艘で堺の浜(現大阪府堺市)へ着きました。赤松彦五郎範実(赤松範実)は、「摂津の国兵庫(現兵庫県神戸市兵庫区。大輪田泊)より打ち立ちすぐに山崎(現大阪府三島郡島本町山崎)を攻めるべき」と命じました。これを聞いて京中の貴賎の者どもは、財宝を鞍馬(現京都市左京区にある鞍馬寺)・高雄(現京都市右京区高雄にある神護寺)へ持ち運び、蔀([格子を組み、間に板をはさんだ戸])・遣戸([鴨居=障子・ふすまなどの建具をはめる開口部の上に渡す溝付きの横木。と敷居の溝に沿って開閉する引き戸の板戸])を取り壊しました。京白川(現京都市左京区)の騒動は尋常ではありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-26 12:23 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」立后事付三位殿御局事...      「太平記」清氏正儀寄京事(その2) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧