Santa Lab's Blog


「太平記」無礼講の事付玄恵文談の事(その5)

その後昌黎仏法ぶつぽふを破つて、儒教じゆけうたつとむべき由、奏状そうじやうを奉りけるとがに依つて、潮州てうじうへ流さる。日暮れ馬なづんで前途程遠し。遥かに故郷こきやうの方をかへりみれば、秦嶺に雲横たはつて、来つらん方も不覚。いたんで万仞ばんじんけはしきに登らんとすれば、藍関に雪満ちて行べきすゑの路もなし。進退を失うて、かうべめぐらすところに、いづくより来たれるともなく、韓湘悖然ぼつぜんとしてかたはらにあり。昌黎悦んで馬より下り、韓湘が袖を引いて、泪のうちまうしけるは、「先年碧玉へきぎよくの花の中に見へたりし一聯いちれんの句は、汝我にあらかじめ左遷のうれへを告げ知らせるなり。今また汝ここに来れり。はかり知んぬ、我つひ謫居だつきよ愁死しうしして、かへる事を得じと。再会期なくして、遠別ゑんべつ今にあり。あに悲しみにへんや」とて、さき一聯いちれんに句を継いで、八句一首と成して、韓湘に与ふ。

一封朝奏九重天。夕貶潮陽路八千。欲為聖明除弊事。豈将衰朽惜残年。
雲横秦嶺家何在。雪擁藍関馬不前。知汝遠来須有意。好収吾骨瘴江辺。

韓湘この詩を袖に入れて、泣く泣く東西に別れにけり。まことなるかな、「痴人ちにんの面前に不説夢」云ふ事を。この談義を聞きける人々の忌み思ひけるこそ愚かなれ。




その後昌黎は仏法を捨てて、儒教を貴ぶよう、奏状した罪によって、潮州(現広東省)に流されました(左遷されたらしい)。日暮れ馬はぬかるみに足を取られて前途は程遠い。遥かに故郷の方を振り返ると、秦嶺山脈([中国中部を東西に貫く山脈])に雲が横たわり、来た方も見えませんでした。悲しみ嘆きながら万仞([非常に高いこと])の険しい山を登ろうとすると、藍関([長安の東南三〇キロほどにある関所])には雪が満ちて行べき末の路はありませんでした。進退極まって、あたりを見回していると、どこから来るともなく、韓湘がなぜか横に立っていました。昌黎はよろこんで馬から下り、韓湘の袖を引いて、涙ながらに申すには、「先年碧玉の花の中に見えた一聯([一連])の句は、お前がわしに左遷の悲しみを知らせるためだったのだな。今お前はここにいる。どうやら、わしは遂に謫居([罪によって、遠くの土地へ流されたその住居])で愁死して、帰ることはないのだな。再会の時は二度となく、遠別ばかりが今だとは。どうして悲しみに堪えることができよう」と申して、前の一聯に句を継いで、八句一首にして、韓湘に与えました。

朝に九重の天子に対して一封奏上したために、夕べには遥か八千里のかなた潮州(現広東省)に流される。聖明([天子が知徳にすぐれていること])のために弊事([害])を除こうとしたまでのこと、衰朽の身であれば余命を惜しむことはないが。振り返れば雲が秦嶺山脈([中国中部を東西に貫く山脈])に横たわり我が家がどこかも知れぬ、行方には雪が藍関らんかん([長安の東南三〇キロほどにある関所])を埋めて馬は前に進めぬ。お前はわしの悲しみを思ってやって来たのか、ならばいつの日か我が骨を瘴江のほとりで拾ってほしい。

韓湘はこの詩を袖に入れて、泣く泣く東西に別れて行きました。まこと、「痴人面前で夢を話すものではない」ということです。この談義を聞きた人々が嫌ったことこそ愚かなことでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-27 06:30 | 太平記 | Comments(0)

<< 「曽我物語」富士野の狩場への事...      「太平記」無礼講の事付玄恵文談... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧