Santa Lab's Blog


「太平記」追奥勢跡道々合戦の事(その2)

これを聞きて国司・新田徳寿丸・相摸次郎時行ときゆき・宇都宮の紀清きせい両党、かれこれ都合つがふ十万じふまん余騎、十二月二十八日に、諸方皆牒合てふしあはせて、鎌倉へとぞ寄せたりける。鎌倉には敵のやうを聞きて、とても勝つべきいくさならずと、一筋ひとすぢに皆思ひ切つたりければ、城を固うし底を深くするはかりことをも事とせず、一万余騎を四手に分けて、道々に出で合ひ、懸け合はせ懸け合はせ一日支へて、各々身命をしまず戦ひけるほどに、一方の大将に向かはれける志和しわ三郎杉下すぎもとにて討たれにければ、この陣より軍破れて寄せ手谷々やつやつに乱れ入る。寄せ手三方さんぱうを囲みて御方一処に集まりしかば、討たるる者はおほくして戦ふつはものは少なし。かくては始終叶ふべしとも見へざりければ、大将左馬のかみ殿を具足し奉て、かう・上杉・桃井もものゐ以下いげの人々、皆思ひ思ひに成つてぞ落ちられける。




これを聞いて国司(北畠顕家あきいへ)・新田徳寿丸(新田義興よしおき)・相摸次郎時行(相摸時行)・宇都宮の紀清両党([宇都宮氏の家中の精鋭として知られた武士団])、かれこれ都合十万余騎が、十二月二十八日に、諸方皆牒([文書による通告])に合わせて、鎌倉に寄せました。鎌倉では敵の勢を聞いて、とても勝てる軍ではないと、一筋に皆覚悟を決めて、城を固め柵を掘ることもせず、一万余騎を四手に分けて、道々で出で合い、駆け合わせ駆け合わせ一日防いで、各々命を惜しまず戦いましたが、一方の大将に向かった志和三郎(斯波家長いへなが)が杉本城(鎌倉の東方を押さえる山城)で討たれたので、この陣より軍は破れて寄せ手が谷々に乱れ入りました。寄せ手が三方を囲み味方は一所に集まったので、討たれる者が戦う兵よりも多くいました。こうなってはとても敵うとも見えず、大将左馬頭殿(足利義詮よしあきら)を連れて、高(高重茂しげもち)・上杉(上杉朝房ともふさ)・桃井(桃井直常ただつね)以下の人々は、皆思い思いに落ちて行きました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-27 06:50 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」追奥勢跡道々合戦の事...      「曽我物語」富士野の狩場への事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧