Santa Lab's Blog


「太平記」青野原軍事付嚢沙背水事(その3)

二番にかうの大和のかみ三千余騎にて、州俣河すのまたがはを渡るところに、渡しも立てず、相摸次郎時行ときゆき五千余騎にて乱れ合ひ、互ひに笠符かさじるししるべにて組んで落ち、落ち重なつて首を取り、半時計り戦ひたるに、大和の守が憑み切つたる兵三百余人討たれにければ、東西に散靡あらけて山を便りに引き退く。三番に今河五郎入道・三浦新介、阿字賀あじがに打ち出でて、横逢よこあひに懸かるところを、南部・下山・結城ゆふき入道、一万余騎にて懸け合ひ、火出づるほどに戦ひたり。今河いまがは・三浦元来小勢なれば、打ち負けて河より東へ引き退く。




二番には高大和守(高重茂しげもち。高師直もろなほの弟)が三千余騎で、州俣川(長良川)を渡るところに、渡し終わらぬうちに、相摸次郎時行(北条時行)が五千余騎で乱れ合い、互いに笠符を目印にして組んでは落ち、落ち重なって首を取り、半時ばかり戦いました、大和守が頼みにしていた兵が三百余人討たれて、東西に散って山に向かって引き退きました。三番には今河五郎入道(今川範国のりくに)・三浦新介(三浦高継たかつぐ)が、阿字賀(?)に打ち出て、横合い([横手])に懸かるところを、南部・下山・結城入道(結城宗広むねひろ)が、一万余騎にて駆け合い、火が出るほど戦いました。今川(範国)・三浦(高継)は小勢でしたので、打ち負けて川の東へ引き退きました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-28 21:21 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」青野原軍事付嚢沙背水...      「太平記」青野原軍事付嚢沙背水... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧