Santa Lab's Blog


「太平記」青野原軍事付嚢沙背水事(その9)

夜明けければ、項羽かううの兵四十万騎しじふまんぎにて押し寄せ、敵を小勢なりとあなどつて戦ひを即時に決せんとす。その勢参然として左右を不顧懸かりけるを、韓信が兵三千余騎、一足も引かず死を争うて戦ひけるほどに、項羽忽ちに討ち負けて、討たるる兵二十万人、逃ぐるを追ふ事五十ごじふ余里なり。沼をさかひ沢を隔てて、ここまでは敵よも懸くる事得じと、橋を引きてぞたりける。




夜が明けると、項羽(秦末期の楚の武将。秦に対する造反軍の中核となり秦を滅ぼした)は兵四十万騎で押し寄せ、敵を小勢だと侮って戦いを即時に決しようとしました。その勢はそれぞれ思い思いに攻め懸かりましたが、韓信(中国秦末から前漢初期にかけての武将。劉邦の臣下)の兵三千余騎は、一歩も引かず死を争って戦ったので、項羽はたちまちにして討ち負けて、討たれる兵は二十万人、韓信は逃げる兵を追って五十余里に及びました。項羽は沼に囲まれ沢を隔て、ここまで敵がまさか攻めてはこないであろうと思われる場所に、橋を引いて陣を取りました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-29 08:02 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」青野原軍事付嚢沙背水...      「太平記」青野原軍事付嚢沙背水... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧