Santa Lab's Blog


「太平記」青野原軍事付嚢沙背水事(その12)

顕家あきいへ卿南都に着きて、且く汗馬かんばの足を休めて、諸卒に向かつて合戦の異見を問ひ給ひければ、白河しらかは結城ゆふき入道進みてまうしけるは、「今度於路次、度々の合戦に討ち勝ち、所々の強敵かうてきを追つ散らし、上洛しやうらくの道を開くといへども、青野原おをのがはらの合戦に、いささか利を失ふに依つて、黒地の橋をも渡り得ず、このまま吉野殿へ参らん事、余りに云ふ甲斐かひなく思へ候ふ。ただこの御勢を以つて都へ攻め上り、朝敵てうてきを一時に追ひ落とすか、もし不然ば、かばねを王城の土にうづみ候はんこそ本意にて候へ」と、まことに無予義まうしけり。顕家あきいへきやうも、この義げにもと甘心せられしかば、やがて京都へ攻め上り給はんとのくはたてなり。




顕家卿(北畠顕家)は南都に着いて、しばらく汗馬の足を休めて、諸卒に向かって合戦の異見([意見])を訊ねると、白河の結城入道(結城宗広むねひろ)が進んで申すには、「この度路次において、度々の合戦に討ち勝ち、所々の強敵を追い散らし、上洛の道を開くといえども、青野原(現岐阜県大垣市)での合戦では、わずかに打ち負けて、黒地(黒血川=藤古川。現滋賀県米原市と岐阜県不破郡関ケ原町及び大垣市を流れる木曽川水系の河川)の橋をも渡り得ず、このまま吉野殿へ参るのは、あまりに面目ないことではございませんか。この勢で都へ攻め上り、朝敵を一時に追い落とすか、もし叶わずは、屍を王城の土に埋めることこそ本意でございます」と、まこと予義なく申しました。顕家卿も、この意見に甘心([納得すること。 同意すること])して、やがて京都へ攻め上ることにしました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-11-29 08:16 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」青野原軍事付嚢沙背水...      「太平記」青野原軍事付嚢沙背水... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧