Santa Lab's Blog


「太平記」越前牛原地頭自害の事(その4)

その後時治ときはるも自害して一堆いつたいはひと成りにけり。隔生則忘きやくしやうそくばうとはまうしながらまた一念五百生いちねんごひやくしやう繋念無量劫けねんむりやうごふごふなれば、奈利ないり八万の底までも、同じ思ひのほのほと成つて焦がれ給ふらんと、あはれなりける事どもなり。




その後時治(淡河時治。六波羅探題南方、北条時盛ときもりの子)も自害して一堆(一盛)の灰となりました。隔生則忘([人がこの世 に生まれ変わるとき、前世のことは忘れ去るということ])とは申しますが、一念五百生([ただ一度妄想を心に抱いただけで、 五百回も生死を重ねる輪廻の報いを受けること])、繋念無量劫([一度思いをかければ永劫その思いを引きずるということ])もまた業なれば、奈利([泥利]=[奈落])八万の底までも、同じ思いの炎となって焼かれるのですはないかと、哀れに思われました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-02 08:24 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」越中守護自害の事付怨...      「太平記」越前牛原地頭自害の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧