Santa Lab's Blog


「太平記」三宅・荻野謀反の付壬生地蔵の事(その1)

その頃備前の国の住人ぢゆうにん三宅三郎高徳たかのりは、新田刑部卿義助よしすけしよくして伊予の国へ越えたりけるが、義助死去の後、備前国へ立ちかへり児島に隠れ居て、なほも本意を達せん為に、上野かうづけの国におはしける新田左衛門さゑもんすけ義治よしはるを呼び奉り、これを大将にて旗を挙げんとぞくはたてける。この頃また丹波の国の住人荻野をぎの彦六朝忠ともただ、将軍を奉恨事ありと聞こへければ、高徳潜かに使者を通じて触れ送るに、朝忠悦んで許諾す。




その頃備前国の住人三宅三郎高徳(児島高徳)たかのりは、新田刑部卿義助(脇屋義助。新田義貞の弟)に付いて伊予国に赴いていましたが、義助死去の後、備前国に帰り児島(現岡山県岡山市南区辺)に隠れ住んで、なおも本意を遂げるために、上野国にいた新田左衛門佐義治(脇屋義治。脇屋義助よしすけの子)を呼んで、義治を大将にして旗を上げようと企てていました。この頃また丹波国の住人荻野彦六朝忠(荻野朝忠)は、将軍(足利尊氏)を恨んでいると聞こえたので、高徳はひそかに使者を通じてこれを知らせると、朝忠はよろこんで許諾しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-02 17:40 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」三宅・荻野謀反の付壬...      「太平記」越中守護自害の事付怨... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧