Santa Lab's Blog


「太平記」三宅・荻野謀反の付壬生地蔵の事(その2)

両国すでに日を定めて打ち立たんとしけるところに、事忽ちに漏れ聞こへて、丹波へは山名伊豆いづかみ時氏ときうぢ三千余騎にて押し寄せ、高山寺かうせんじの麓四方しはう二三里を屏に塗り篭めて食攻じきせめにしける間、朝忠ともただつひに戦ひ屈して降人かうにんに成つて出でにけり。児島へは備前・備中・備後三箇国の守護、五千余騎にて寄せける間、高徳たかのりここにては本意を遂ぐるほどの合戦叶はじとや思ひけん、大将義治よしはるを引き具し、海上より京へ上つて、将軍・左兵衛さひやうゑかみかう・上杉の人々を夜討ちにせんとぞたくみける。「勢少なくては叶ふまじ、廻文くわいぶんを遣はして同意の勢を集めよ」とて、諸国へこの由を触れ遣はすに、ここかしこに身をそばかたちを替へて隠れ居たる宮方の兵千余人、夜を日に継いでぞ馳せ参りける。この勢一所に集まらば、人に怪しめらるべしとて、二百余騎をば大将義治に付け奉て、東坂本に隠し置き、三百余騎をば宇治・醍醐・真木まき葛葉くずはに宿し置き、勝れたる兵三百人をば京白河に打ち散らし、わざと一所には不置けり。




両国すでに日を定めて打ち立とうとするところに、謀反はたちまち漏れ聞こえて、丹波へは山名伊豆守時氏(山名時氏)が三千余騎で押し寄せ、高山寺(現京都市右京区にある寺院)の麓四方二三里を屏で取り囲んで食攻めにしたので、朝忠(荻野朝忠)は終に戦いを止めて降人となりました。児島へは備前・備中・備後三箇国の守護が、五千余騎で寄せたので、高徳(児島高徳)はここにいては本意を遂げる合戦は叶わないと思い、大将義治(脇屋義治。脇屋義助よしすけの子)を連れて、海上より京に上り、将軍(足利尊氏)・左兵衛督(足利直義ただよし。足利尊氏の弟)・高(高師直もろなほ師泰もろやす重茂しげもち)・上杉(上杉頼成よりなり)の人々を夜討ちにしようと計画しました。「勢が少なくては叶うまい。廻文([回状]=[複数の人に順に回して知らせるようにした手紙や通知])を遣わして同意の勢を集めよ」と申して、諸国へこの由を触れ遣わすと、ここかしこに身を隠し姿を変えて隠れていた宮方の兵兵千余人が、夜を日に継いでぞ馳せ参りました。この勢を一所に集めれば、人に怪しまれると、二百余騎をば大将義治(脇屋義治)に付けて、東坂本(現滋賀県大津市)に隠し置き、三百余騎を宇治(現京都府宇治市)・醍醐(現京都市伏見区)・真木(牧野?現大阪府枚方市)・葛葉(現大阪府枚方市)に置き、勝れた兵三百人は京白河に散らして、一所には置くことはありませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-02 17:48 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」三宅・荻野謀反の付壬...      「太平記」三宅・荻野謀反の付壬... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧