Santa Lab's Blog


「太平記」越後守仲時以下自害の事(その4)

越後ゑちごかみは前陣にいくさありと聞いて、馬を早めて馳せ来たり給ふ。糟谷かすやの三郎、越後の守に向かつてまうしけるは、「弓矢取りの可死ところにて死せざれば恥を見ると申し習はしたるはことわりにてさふらひけり。我ら都にて可討死さうらひし者が、一日の命をしみてこれまで落ち持て来て、今云ふ甲斐かひなき田夫野人でんぶやじんの手に懸かつて、かばね路径ろけいの露に晒さん事こそ口惜くちをしく候へ。敵この一所ばかりにて候はば身命を捨てて、打ち払うても可通候が、推量仕るに、先づ土岐が一族、最初より謀反の張本ちやうほんにて候ひしかば、をりを得て、美濃の国をば通さじとぞ仕り候はんずらん。吉良の一族も度々の召しに不応して、遠江とほたふみの国に城郭じやうくわくを構へて候ふと、風聞ふうぶん候ひしかば、出で合はぬ事は候はじ。これらを敵に受けては、退治たいぢせん事、おそらくは万騎ばんきの勢にても難叶。況我ら落人おちうどの身と成つて、人馬ともに疲れ、矢の一双せきをも、はかばかしく射候ふべき力もなく成つて候へば、いづくまでか落ち延び候ふべき。ただ後陣ごぢんの佐々木を御待ち候うて、近江あふみの国へ引つ返し、しばらくさりぬべからんずる城に立て籠もつて、関東くわんとう勢の上洛しやうらくし候はんずるを御待ち候へかし」とまうしければ、越後ゑちごかみ仲時なかときも、「この義を存ずれども、佐々木とても今は如何なる野心か存ずらんと、たのみ少なく思ゆれば、進退きはまつて、面々の意見を問ひ申さんと存ずるなり。さらばいかさまこの堂にしばらく佇みて、時信ときのぶを待ちてこそ評定あらめ」とて、五百余騎のつはものども、皆辻堂つじだうの庭にぞ下りたる。




越後守(北条仲時なかとき。鎌倉幕府最後の六波羅探題北方)が前陣に軍ありと聞いて、馬を早めて馳せて来ました。糟谷三郎(糟屋宗秋むねあき)が、越後守に向かって申すには、「弓矢取りが死すべき所で死ぬのを恐れて逃げるは恥であると聞いておりますがまこと道理でございます。われら都で討ち死にすべき者が、一日の命を惜しんでここまで落ち延びて、今さら申したところで甲斐のないことですが田夫野人の手に懸かり、屍を路径の露に晒すことこそ残念でございます。敵がこの一所ばかりでございますれば身命を捨てて、打ち払ってでも通るべきでございますが、考えまするに、まず土岐(土岐頼貞よりさだ)の一族は、元より謀反の張本ですから、機を見て、美濃国を通すまいとするに違いありません。吉良(吉良貞義さだよし)の一族も度々の召し応じず、遠江国に城郭を構えていると、噂に聞いております、必ずや待ち構えておりましょう。これらを敵に受けて、退治することは、おそらく万騎の勢があったとしても敵いません。その上我らは今や落人の身となって、人馬ともに疲れ、矢の一本をも、まともに射る力も失っております、どこまで落ち延びることができましょう。ただ後陣の佐々木(佐々木時信ときのぶ=六角時信)を待たれて、近江国へ引き返し、しばらく持ちこたえるであろう城に立て籠もり、関東勢の上洛するのをお待ちなさいませ」と申せば、越後守仲時も、「たしかに申す通りだが、佐々木(時信)にしても今は野心を持っているやも、当てにはできぬ。ここに進退極まった、面々の意見を訊ねたい。ならばともかくこの堂にしばらく留まり、時信を待って評定することにしよう」と申して、五百余騎の兵どもは、皆辻堂の庭で馬から下りました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-06 08:49 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」越後守仲時以下自害の...      「曽我物語」富士野の狩場への事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧