Santa Lab's Blog


「太平記」越後守仲時以下自害の事(その5)

佐々木の判官時信ときのぶは一里ばかり引き下がりて、三百余騎にて打ちけるが、如何なる天魔波旬てんまはじゆんの仕業にてかありけん、「六波羅殿は番馬の当下たうげにて、野伏のぶしどもに被取篭て一人も不残被討給ひたり」とぞ告げたりける。時信、「今は可為やうなかりけり」と愛智川えぢかはより引つ返し、降人かうにんに成つて京都へ上りにけり。越後の守仲時、しばしは時信を遅しと待ち給ひけるが、待つ期過ぎて時移りければ、さては時信も早や敵に成りにけり。今はいづくへか引つ返し、いづくまでか可落なれば、さわやかに腹を切らんずるものをと、中々一途いちづに心を取り定めて、気色きしよく涼しくぞ見へける。




佐々木判官時信(佐々木時信)は一里ばかり下がって、三百余騎にて馬を進めていましたが、如何なる天魔波旬([欲界最上位の第六天にいる天魔])の仕業か、「六波羅殿(北条仲時なかとき)は番馬の峠(現滋賀県米原市)で、野伏どもに取り囲まれて一人残らず討たれました」と知らせがありました。時信は、「今は進むべきにあらず」と愛智川(愛知川。現滋賀県東部を流れる川)より引き返し、降人となって京都に上りました。越後守仲時は、しばらく時信を遅しと待っていましたが、待つ時刻を過ぎてやって来ませんでした、さては時信も敵になったか。今はどこへにか引き返し、どこかへ落ち延びていることだろう、ここは潔く腹を切るべきと、きっぱりと覚悟を決めて、晴れ晴れとした表情でした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-06 08:53 | 太平記 | Comments(0)

<< 「曽我物語」富士野の狩場への事...      「太平記」越後守仲時以下自害の... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧