Santa Lab's Blog


「曽我物語」富士野の狩場への事(その35)

その後、曽我の人々を近付けて、「今夜、重忠しげただが所へましませ。歌の物語まうさん」とのたまへば、畏まり存ずる由、返事して、十郎じふらうおととに言ひけるは、「畠山殿は、情けを以つて、早や、この事を知り給ひけるぞや。『耳を信じて、目を疑ふ者は、耳の常のへいなり。尊みて、近付くを賎しむる者は、人の常の情け』と、抱朴子はうぼくしに見えたり。れば、歌の心は如何に」と問へば、「知らず」と言ふ。十郎は、よろづに情け深くして、歌の心を得たり。




その後、曽我の人々(曽我祐成すけなり時致ときむね)を近付けて、「今夜、重忠(畠山重忠)の所に参られよ。歌について語ろうではないか」と申せば、畏まり、返事して、十郎(曽我祐成)が、弟(曽我時致)に申すには、「畠山殿は、情けのある人よ、すでに、我らの心を知っておるのだろう。『耳を信じて、目を疑うのが、世の常というもの([耳を信じて目を疑う]=[人の言ったことを信じて、自分の目で見たことは信じないこと])。遠くをありがたく思い、近くを軽んじるのも、また同じこと』と、抱朴子(葛洪かつこう。西晋・東晋時代の道教研究家・著述家。およびその著書名)に書かれておる。なれば、歌の心は自ずと知るところよ」と訊ねると、五朗は「分かりかねます」と答えました。十郎は、情け深い者なれば、歌の意味を理解しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-07 08:42 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」越後守仲時以下自害の...      「太平記」越後守仲時以下自害の... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧