Santa Lab's Blog


「太平記」六波羅攻の事(その1)

さるほどに六波羅には、六万余騎を三手に分けて、一手をば神祇官じんぎくわんの前に控へさせて、足利殿を防がせらる。一手をば東寺へ差し向けて、赤松を防がせらる。一手をば伏見の上へ向けて、千種ちくさ殿の被寄竹田・伏見を被支。の刻の始めより、大手搦め手同時にいくさ始まつて、馬煙むまけぶり南北に靡き鬨の声天地を響かす。内野うちのへは陶山すやま河野かうのとに宗との勇士二万余騎を副へて被向たれば、官軍くわんぐんも無左右不懸入、敵も容易く不懸出両陣かたみに支へて、ただ矢軍やいくさに時をぞ移しける。ここに官軍の中より、櫨匂はじにほひの鎧に、薄紫の母衣ほろ懸けたる武者ただ一騎、敵の前に馬を懸け据ゑて、高声かうじやうに名乗りけるは、「その身人数ひとかずならねば、名を知る人よもあらじ。これは足利殿の御内に、設楽しだら五郎左衛門ごらうざゑもんじようまうす者なり。六波羅殿の御内に、我と思はん人あらば、懸け合ひて手柄のほどをも御覧ぜよ」と云ふままに、三尺さんじやく五寸の太刀を抜き、兜の真つかうに差しかざし、まことに矢壺やつぼ少なく馬を立てて控へたり。そのいきほひ一騎当千と見へたれば、敵御方互ひにいくさを止めて見物す。




やがて六波羅探題では、六万余騎を三手に分けて、一手を神祇官(平安京大内裏の東南)の前に控えさせて、足利殿(足利高氏)を防がせました。一手は東寺(現京都市南区にある教王護国寺)へ差し向けて、赤松(赤松則村のりむら)を防がせました。一手は伏見の上へ向けて、千種殿(千種忠顕ただあき)が寄せる竹田・伏見(ともに現京都市伏見区)を支えました。巳の刻([午前十時頃])のはじめより、大手([敵を表門または正面から攻める軍隊])搦め手([城の裏門や敵陣の後ろ側を攻める軍勢])同時に軍が始まって、馬煙は南北にたなびき鬨の声は天地に轟きました。内野([大内裏])へは陶山(陶山義高)と河野(河野通盛みちもり)に主な勇士二万余騎を添えて向かわせたので、官軍も駆け入ることができず、敵も容易く駆け出さず両陣互いに控えて、ただ矢軍ばかりで時をぞ移しました。ここに官軍の中より、櫨匂([黄櫨色を、肩を濃く、次第にぼかして裾が白くなるように染めた色目])の鎧に、薄紫の母衣([戦場における甲冑着用の際に、縦に 縫い合わせた長い布を背中につけたもの])を懸けた武者がただ一騎、敵の前に馬を駆け据えて、大声で名乗るには、「その身人数にも入らぬ故、名を知る人はよもやおられまい。これは足利殿の身内、設楽五郎左衛門尉と申す者である。六波羅殿(北条仲時なかとき。鎌倉幕府最後の六波羅探題北方)の身内に、我と思う人あらば、駆け合って手並みのほどを御覧になられよ」と言うままに、三尺五寸の太刀を抜き、兜の真っ向([正面])に差しかざし、矢壺([矢を入れて携帯する道具])に残る矢少なくして馬を立て控えました。その勢いは一騎当千の者に見えたので、敵味方互いに軍を止めて見物しました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-11 11:46 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」六波羅攻の事(その2)      「太平記 」千葉屋城寄手敗北の... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧