Santa Lab's Blog


「太平記」大森彦七事(その10)

盛長もりなが左右をかへりみて、「あれをば見ぬか」と云はんとすれば、忽ちに風にしたがふ雲の如く、漸々ぜんぜんとして消え失せにけり。ただ楠木が物云ふ声許りぞ残りける。盛長これほどの不思議を見つれども、その心なほも不動、「『一翳いちえい在眼空花くうげ乱墜らんつゐす』といへり。千変百怪何ぞ驚くに足らん。たとひ如何なる第六天の魔王どもが来たつて謂ふとも、この刀をば進ずまじきにて候ふ。然らば例の手の裏を返すが如なる綸旨賜はりても無詮。早々さうさう面々御かへり候へ。この刀をば将軍へまゐらせ候はんずるぞ」と云ひ捨てて、盛長は内へ入りにけり。正成おほきに嘲笑あざわらうて、「この国たとひ陸地くがちに連なりたりとも道をば容易く通すまじ。まして海上を通るには、遣る事努々ゆめゆめあるまじきものを」と、同音にどつと笑ひつつ、西を指してぞ飛び去りにける。




盛長(大森盛長)は左右を返り見て、「あれが見えぬか」と言おうとすると、たちまちに風に吹かれる雲の如く、次第に消え失せました。ただ楠木(楠木正成)の声ばかりが残りました。盛長はこれほどの不思議を見ても、心臆することなく、「『眼が霞んだかありもしないものが見えたような気がするが』と言いました。千変百怪何を恐れることがあろうや。たとえ如何なる第六天の魔王たとひ如何なる第六天([欲界六天の第六で,欲界の最高所])の魔王どもが来て申すとも、この刀を参らす訳にはいかぬ。手の裏を返して([手の平を返す]=[言葉や態度などが、それまでとがらりと変わる])綸旨を賜ろうとも同じこと。早々に各々帰られよ。この刀は将軍(足利尊氏)に参らせるものぞ」と言い捨てて、盛長は内に入りました。正成は大声であざ陸地笑って、「そのようなことはさせぬこの国が大陸に繋がろうとも容易く通すまい。まして海上を通るなど、決して叶わないと思え」と、声を合わせて一斉に笑うと、西を指して飛び去りました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-17 22:02 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」六波羅攻の事(その8)      「太平記」大森彦七事(その9) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧