Santa Lab's Blog


「太平記」六波羅攻の事(その8)

六波羅の勢一万余騎、七縦八横しちじゆうはちわうに被破て、七条河原しちでうがはらへ被追出。一陣破れて残党ざんたうまつたからざれば、六波羅の勢竹田の合戦にも打ち負け、木幡こはた・伏見の軍にも負けて、落ち行く勢散り散りに、六波羅の城へ逃げ篭もる。勝つに乗つて逃ぐるを追ふ四方しはうの寄せ手五万余騎、皆一所に寄せて、五条の橋爪はしづめより七条河原しちでうがはらまで、六波羅を囲みぬる事幾千万と云ふ数を不知。されども東一方をばわざと被開たり。これは敵の心を一つになさで、容易く責め落とさん為のはかりごとなり。千種の頭の中将ちゆうじやう忠顕ただあき朝臣、士卒に向かつて被下知けるは、「この城世の常の思ひを成して延び延びに責めば、千葉屋ちはやの寄せ手かしこを捨てて、この後攻うしろづめをつと思ゆるぞ。諸卒心を一つにして一時が間に可責落」と被下知ければ、出雲・伯耆はうきつはものども、雑車ざふぐるま二三百両取り集めて、ながえと轅とを結ひ合はせ、そのうへに家をこぼつて山の如くに積み挙げて、櫓の下へ指し寄せ、一方の木戸を焼き破りけり。




六波羅の勢一万余騎は、七縦八横に破られて、七条河原に追い遣られました。一陣が破れて残党は一人も残りませんでした、六波羅の勢は竹田(現京都市伏見区)の合戦にも打ち負け、木幡(現京都府宇治市)・伏見の軍にも負けて、落ち行く勢は散り散りになって、六波羅の城へ逃げ籠もりました。勝つに乗って逃げる敵を追う四方の寄せ手五万余騎を、皆一所に合わせて、五条の橋詰から七条河原まで、六波羅を囲む兵は千万にもなりました。けれども東の一方をわざと開けていました。これは敵の心を一つになさず、容易く攻め落とすための謀略でした。千種頭中将忠顕朝臣(千種忠顕)が、士卒に向かい命じて、「この城を普通の城と思って攻めるのに手間取っていては、千葉屋(千早城。現大阪府南河内郡)の寄せ手は向こうを捨てて、この後詰め([敵の背後に回って攻めること])に回ると思うぞ。諸卒心を一つにしてたちまちに攻め落とせ」と命じたので、出雲・伯耆の兵どもは、雑車([雑用に使う車])を二三百両取り集めて、轅と轅とを結び付けて、その上には家を壊し山の如く積み上げて、櫓の下へ差し寄せ、一方の木戸を焼き破りました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-18 07:17 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」大森彦七事(その11)      「太平記」大森彦七事(その10) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧