Santa Lab's Blog


「太平記」持明院殿御即位事付仙洞事(その2)

加様かやう夭怪えうくわい触穢しよくゑに可成、今年の大甞会だいじやうゑを可被停止、かつうは先例を引き、かつうは法令に任せて可勘申、法家ほふけともがらに被尋下。皆、「一年の触穢にて候ふべし」とかんがまうしける中に、さきの大判事明清あききよ勘状かんじやうに、法令の文を引いて云はく、「神道は依王道所用といへり。然らばただ宜しく在叡慮」とぞ勘へ申したりける。ここに神祇しんぎ大副たいふ卜部うらべ宿禰しくね兼豊かねとよ一人、おほきに忿いかつて申しけるは、「如法意勘進かんしんして非触穢儀、神道はなきものにてこそ候へ。およそ一陽いちやう分かれて後、清濁汚穢せいだくわゑを忌み慎しむ事、ことさらこれ神道の所重なり。しかるを無触穢儀、大礼の神事無為ぶゐに被行、一流れの神書を火に入れて、出家遁世の身と可罷成」と無所憚申しける。若殿上人わかてんじやうびとなどこれを聞きて、「余りに厳重なる申し言かな、少々は存ずるところありとも残せかし。四海もし無事にして、一事の無違乱大甞会を被行ば、兼豊がもとどり不便ふびんの事かな」とぞ被笑ける。




このような妖怪は、触穢([神道上において不浄とされる穢に接触して汚染されること])ともなるか、今年の大嘗会([大嘗祭]=[天皇が即位後初めて行う新嘗祭。その年の新穀を天皇が天照大神および天神地祇に供え、自らも食する、一代一度の大祭])を止めるべきか否かと、先例を引き、法令に任せて、法家の輩に申し下されました。皆も、「一年の触穢でございましょう」と申す中にあって、前大判事明清の勘状([吉凶の占いなどによった判断・意見を記した文書])には、法令の文を引いて、「神道は王道のためのものと申します。ならばよくよく叡慮なされお決めになられますように」と書かれてありました。ここに神祇大副卜部宿禰兼豊(卜部兼豊)一人が、たいそう怒って申すには、「法意([法の趣旨])に照らせばどうして穢儀にあらずと申すべき、神道はないも同じこと。天と地が分かれてこの方、地に清濁([善悪])ある中でも汚穢を忌み慎しむことこそ、とりわけ神道にとって大事なことです。なのに触穢にあらずと、大礼の神事を思慮なく行うと申すのならば、一流れの神書を火に入れて、出家遁世の身となりましょう」と憚りなく申しました。若殿上人はこれを聞いて、「あまりにも強弁ではないか、存ずるところあるとも少々は余地を残すべき。四海([国内])が無事にして、違乱([物事が乱れること])なく大嘗会が行われた時には、兼豊の髻は不便([気の毒なこと])にも切られることになろう」と申して笑いました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-20 10:52 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」持明院殿御即位事付仙...      「太平記」持明院殿御即位事付仙... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
すみません、日本語の起源..
by 春日 at 21:17
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧