Santa Lab's Blog


「太平記」山名伊豆守落美作城事付菊池軍事(その2)

播磨と美作とのさかひには、竹山・千草ちくさ・吉野・石堂いしたうが峯、四箇所しかしよじやうを構へて、赤松律師則祐そくゆう、百騎づつの勢を籠めたりける。山名が執事小林民部のじよう重長しげなが、二千余騎にて星祭ほしまつりの岳へ打ち上り、城を目の下に見下ろして、透き間もあらば打ち懸からんと、馬の腹帯はるびを固めて控へたり。赤松筑前入道世貞せいてい・舎弟律師則祐・その弟弾正少弼だんじやうせうひつ氏範うぢのり・大夫の判官はうぐわん光範みつのり宮内くない少輔せう師範もろのり掃部かもんの助直頼なほより・筑前の五郎顕範あきのり佐用さよ上月かうづき・真島・杉原の一族相集まつて二千余騎、高倉山の麓に陣を取つて、敵倉懸くらかけじやうを攻めばつひえに乗つて後攻ごづめをせんとくはたつと聞こへければ、山名右衛門うゑもんすけ師義もろよし、勝れたる兵八百余騎を率して、敵の近付かん所へ懸け合はせんと、浮き勢になつて控へたり。




播磨と美作との境、竹山(現岡山県美作市)・千草(現兵庫県宍粟郡千種町)・吉野(現岡山県吉野郡)・石堂の峯(石堂丸山。現岡山県備前市)に、四箇所に城を構えて、赤松律師則祐(赤松則祐)は、それぞれ百騎の勢で守っていました。山名(山名時氏ときうぢ)の執事小林民部丞重長(小林重長 )は、二千余騎で星祭山(現岡山県美作市)へ打ち上り、城を眼下に見下ろして、隙あらば打ち懸かろうと、馬の腹帯([鞍を馬の背に取りつけるために馬の腹に締める帯])を固めて控えました。赤松筑前入道世貞(赤松貞範さだのり)・舎弟律師則祐・その弟弾正少弼氏範(赤松氏範)・大夫判官光範(赤松貞範の兄、赤松範資のりすけの子)・宮内少輔師範(赤松師範。同じく範資の子)・掃部助直頼(赤松直頼。同じく範資の子)・筑前五郎顕範(赤松顕範)・佐用・上月・真島・杉原の一族が集まって二千余騎、高倉山(現兵庫県佐用郡佐用町?)の麓に陣を取って、敵の倉懸城(現岡山県赤磐市)を攻めました、軍疲れの隙を突いて後詰め([敵の背後に回って攻めること])をしようとしていると聞こえたので、山名右衛門佐師義(山名師義。山名時氏の嫡男)は、勝れた兵八百余騎を率して、敵が近付くところに駆け合わそうと、浮き勢([本隊から離れていて、機に応じ援護する軍勢。遊軍])として控えました。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-25 12:55 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」太宰少弐奉聟直冬事      「太平記」山名伊豆守落美作城事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧