Santa Lab's Blog


「太平記」清氏反逆事付相摸守子息元服事(その11)

千本を打ち過ぎて、長坂へ懸かるところにて、舎弟兵部ひやうぶ太輔たいふと従兄弟の兵部の少輔せう二人ににんを近付けて、「御辺たち兄弟骨肉の義浅からずに依つて、我が安否を見果てんと、これまで付きまとひ給ふ心ざし、千顆せんくわ万顆の玉よりも重く、一入再入ひとしほふたしほくれなゐよりもなほ深し。しかれども、清氏きようぢは依佞人讒不慮の刑にしづむ上は力なし。御辺たち両人はざんを負ひたる身にもあらず、また将軍の御不審をかうむつたる事もなき者が、何と言ふ沙汰もなく、我とともに都を落ちて、路径ろけいかばねを晒さん事後難なきにあらず。早くこれより将軍へ帰参して、清氏が所存をも申し開き、父祖の跡をも失はぬ様に計らひ給へ。これ我を助くるはかりこと、また身を立つる道なるべし」と、涙を流してのたまへば、両人の人々抑ふる涙にむせんで、しばしは返事にも及ばず。




千本(現京都市上京区)を過ぎて、長坂(現京都市北区)に懸かるところで、舎弟兵部大輔(将氏まさうぢ)と従兄弟の兵部少輔(細川氏春うぢはる)二人を近付けて、「お前たちは兄弟骨肉([肉親])の義浅からぬによって、我が安否を見届けようと、ここまで付き従う心ざし、千顆万顆([きわめて数の多いこと])の玉よりも重く、一入再入([布を染料に何度もつけて染めること])の紅よりなおも濃い。けれども、この清氏は佞人([口先巧みにへつらう、心のよこしまな人])の讒言により思いもしなかった刑を被る上はどうすることもできぬ。お前たちは讒の罪を負ってはおらぬ、また将軍(室町幕府第二代将軍、足利義詮よしあきら。足利尊氏の嫡男)のご不審を被ったこともない、罪もないお前たちが、わたしとともに都を落ちて、路径に屍を晒すことになれば後難([後世の非難])ともなろう。早くこれより将軍に帰参して、この清氏の所存を申し上げ、父祖の跡を失わぬように計らってほしい。我を助けることは、またその身を立てる道ともなろう」と、涙を流して申せば、両人の人々は抑える涙に咽んで、しばしは返事もできませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2015-12-27 10:07 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」清氏反逆事付相摸守子...      「太平記」清氏反逆事付相摸守子... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
うーん、松島からまた仙台..
by 五十嵐洋(秋田県大館市) at 00:51
「下野の室の八嶋にて待て..
by 八島 守 at 12:03
ひょんな事から、このブロ..
by yoshy at 18:50
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧