Santa Lab's Blog


「太平記」笠置軍事付陶山小見山夜討事(その6)

ここにて一息休めて城のうちをきつと見上げければ、錦の御旗に日月じつげつを金銀にて打つて付けたるが、白日に耀かかやいて光り渡りたるその陰に、透き間もなく鎧ふたる武者三千余人、兜の星を耀かし、よろひの袖を連ねて、雲霞うんかの如くに並居なみゐたり。その外櫓のうへ矢間さまの陰には、射手と思しき者ども、弓のつる食ひ湿しめし、矢束ね解いて押しくつろげ、中差しに鼻油引いて待ち懸けたり。そのいきほひ決然として、敢へて可攻やうぞなき。寄せ手一万余騎これを見て、すすまんとするも不叶、引かんとするも不協して、心ならず支へたり。




ここで一息休めて城の中を見上げると、日月を金銀で打って付けた錦の旗が、白日([明るく輝く太陽])に耀いて光り渡るその陰に、透き間もなく鎧を身に纏った武者三千余人が、兜の星を耀かし、鎧の袖を連ねて、雲霞の如く立ち並んでいました。そのほか櫓の上、矢間([矢狭間やざま]=[城の塀や櫓・軍船の胴壁などに設けた、中から矢を射るための穴])の陰には、射手と思われる者どもが、弓の弦を湿らせ、矢束を解いて押し広げ、中差し([征矢])に鼻油を引いて待ち構えていました。その勢いは決然([思い切った様])として、攻める隙もありませんでした。寄せ手一万余騎はこれを見て、進むに進めず、引くにも引けずに、心ならず構えました。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-17 09:01 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」笠置軍事付陶山小見山...      「太平記」稲村崎成干潟事(その4) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
文中の両探題職は六波蘿探..
by aegean at 20:56
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧