Santa Lab's Blog


「太平記」八歳宮御歌の事(その1)

第九の宮は、未だ御幼稚えうちにおはしませばとて、中御門なかのみかど中納言宣明のぶあきらきやうに被預、都の内にぞ御坐ありける。この宮今年こんねんは八歳に成らせ給ひけるが、常の人よりも御心賢々さかさかしくおはしましければ、常は、「主上すでに人も通はぬ隠岐の国とやらんに被流させ給ふうへは、我独り都の内に止まりても何かせん。あはれ我をも君の御座あるなる国のあたりへ流し遣はせかし。せめては外所ながらも、御行くすゑうけたまはらん」と書きくどき打ちしほれて、御涙更に堰き敢へず。「さても君の被押篭御座ある白河しらかはは、京近き所と聞くに、宣明はなど我を具足して御所へはまゐらぬぞ」とおほせありければ、宣明卿涙を押さへて、「皇居くわうきよ程近き所にてだに候はば、御伴仕りて参ぜん事子細あるまじく候ふが、白河とまうし候ふは都より数百里すひやくりを経て下る道にて候ふ。されば能因法師のういんほつしが、

都をば 霞と共に 出でしかど 秋風ぞ吹く 白川の関

と詠みてさふらひし歌にて、道の遠き程、人をとほさぬ関ありとは思し召し知らせ給へ」と被申ければ、宮御泪を押さへさせ給ひて、しばしは被仰出事もなし。




後醍醐天皇(第九十六代天皇)第九の宮(恒良つねよし親王)は、まだ幼くあられたので、中御門中納言宣明卿(中御門宣明)に預けられて、都におられました。この宮は今年は八歳になられておられましたが、常の人よりも賢くあられたので、常々、「主上(後醍醐天皇)はすでに人も通わぬ隠岐の国とやらに流されると聞いております、我一人ばかりが都の内に留まっているのが心苦しいのです。どうか我も君のおられる国の近くに流されよ。せめて外所ながら、行く末を伝え聞きたい」と涙ながらに申されて、涙は止まりませんでした。「それにしても君が押し込められておられる白河(六波羅)は、京から近い所と聞くが、宣明はどうして我を具足して御所へは参らぬ」と申せば、宣明卿は涙を押さえて、「皇居に程近い所でございますれば、どうして御伴して参らぬことがございましょう、白河と申す所は都より数百里を経て下る道にございます。能因法師が、

都を春の霞とともに出たが、白川の関にはもう秋風が吹いておる。

と詠んだ歌がございます、道は程遠く、人も通さぬ関でございますれば」と申せば、宮は涙を押さえて、しばらく何も申しませんでした。


続く


[PR]
by santalab | 2016-01-23 08:06 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」大仏貞直並金沢貞将討...      「太平記」笠置囚人死罪流刑の事... >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧