Santa Lab's Blog


「太平記」直冬朝臣蜂起の事付将軍御進発の事(その1)

中国は大略静謐せいひつていなれども、九州また蜂起しければ、九月二十九日、肥後の国より都へ早馬を立てて注進しければ、「兵衛ひやうゑすけ直冬ただふゆ、去月十三日じふさんにち当国に下着あつて、川尻かはじり肥後のかみ幸俊なりとしたちに居し給ふところに、宅磨別当太郎守直もりなほ与力同心して国中こくぢゆうを駆りもよほす間、御方に心ざしを通ずるやからありといへども、その責めに不堪して悉く付きしたがはずと云ふ者なし。しかる間川尻が勢如雲霞成つて宇都宮三河みかはの守が城を囲むに、一日一夜合戦して討たるる者百余人、疵をかうむる兵不知数。つひに三河の守じやうを被責落、未だ死生の堺を不知分。宅磨・河尻、いよいよ大勢に成つて鹿子木大炊かのこぎおほひの助を取り巻く間、後攻ごづめの為少弐せうにが代官宗利むねとし近国を相催あひもよほすといへども、九国二島くこくにたうつはものども、大半兵衛ひやうゑすけ殿に心を通ずる間、催促にしたがともがら多からず。事すでに及難儀候、急ぎ御勢を被下べし」とぞ申しける。




中国はほぼ静かでしたが、九州ではまた敵が蜂起して、九月二十九日に、肥後国より都へ早馬を立てて注進([事件を記して急ぎ上申すること])するには、「兵衛佐直冬(足利直冬。足利尊氏の子)は、去月十三日に当国に下着あって、川尻肥後守幸俊(川尻幸俊)の館にいるところに、宅磨別当太郎守直が与力同心して国中の兵を駆り集めました、味方に心ざしを通ずる族はおりますが、その攻めに堪えずして悉く付き従わない者はおりません。やがて川尻(幸俊)の勢は雲霞の如くになって宇都宮三河守(蒲池久憲ひさのり)の城を囲んで、一日一夜合戦し討たれる者百余人、疵を被る兵は数知れませんでした。遂に三河守は城を攻め落とされて、いまだ死生も知れませんでした。宅磨・河尻は、ますます大勢になって鹿子木大炊助を取り囲んだので、後詰め([敵の後ろへまわって攻める軍隊])のために少弐(少弐頼尚よりなほ)の代官宗利が近国の兵を集めましたが、九国二島([九州])の兵どもの、ほとんどが兵衛佐殿(足利直冬)に心を通じて、催促に従う者どもは多くありません。事すでに難儀に及んでおります、急ぎ勢を下されますよう」と申しました。


[PR]
by santalab | 2016-01-24 09:55 | 太平記 | Comments(0)

<< 「太平記」右兵衛佐直冬鎮西没落...      「太平記」三角入道謀反事(その7) >>

Santa Lab's Blog
by santalab
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
さらに付け加えますと、こ..
by 八島 守 at 09:03
おそらく「国民文庫」だと..
by santalab at 21:09
こんにちは。今日はSan..
by 佐藤綾乃 at 18:44
返歌 草枕…に因んで短歌..
by 井上勇 at 23:54
ただおし出づるままに の..
by SiNa at 21:40
「義経記」の御紹介記事を..
by Magohati38 at 02:04
すばらしいサイト おかげ..
by johsei1129 at 23:54
青き花咲く大地 気高き..
by 北朝鮮の水爆に十神山も激怒 at 02:50
全然現代語訳できてない
by あ at 02:04
 その島根県(旧出雲国東..
by 民俗学者 at 23:34
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧